宇都宮雅代、酒井和歌子、平淑恵「大岡雪絵」


次の女優を、TBSの
TV時代劇『大岡越前』で
大岡忠相の妻・雪絵を
演じた順に選びなさい
宇都宮雅代
酒井和歌子
平淑恵
23%
固定肢のようです

『大岡越前』(おおおかえちぜん)は、1970年から1999年にTBS系列の『ナショナル劇場』で月曜日の20時台に放送されていた時代劇テレビドラマ。なお、2006年3月20日には、ナショナル劇場50周年記念特別企画の1つとして、最終回にあたる2時間スペシャルが放送された。制作はC.A.L。全15部及び2時間スペシャルまで一貫して主演は加藤剛(全402話+スペシャル1本)。

>享保期の(江戸)南町奉行大岡忠相を主人公とした日本の時代劇である。題名は公募によって決められ、6万余の応募の中から決まった。 TBSの月曜日20時からの放送枠で「水戸黄門」、「江戸を斬る」などとともに放送され、約30年の間同枠を支えたTBSの看板番組の一つである。 本作は、このナショナル劇場では、2006年放映の2時間スペシャルを除外しても、「水戸黄門」の全43部に次ぐ全15部が放映されている。ナショナル劇場で「水戸黄門」が放送開始されて以後、同作の放送されない期間にもっとも多く放送された作品である。
この作品の放映の前年から始まった「水戸黄門」では、主演や主要キャストに代替わりがあったのに対して、この作品は、主演の大岡忠相役を一貫して加藤剛が29年(最終回スペシャルを含めれば36年)担当し、主要なキャストも、亡くなるまで同一の役でレギュラー出演を続けた人物も少なくない。 本作は、初期においては、享保の改革の諸政策の実現に奔走する若き大岡忠相と、それを支える親友・榊原伊織や家族、南町奉行所の部下たちなどを描き、その後は講談や落語の「大岡政談」を元にした時代劇に変化していく。
引用元:大岡越前 (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E8%B6%8A%E5%89%8D_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

雪絵演:宇津宮雅代→酒井和歌子→平淑恵
忠相の妻。第7部より酒井和歌子、第10部より平淑恵が演じている。オープニングでは「大岡雪絵」もしくは「雪絵」と表示されている。
引用元:大岡越前とは (オオオカエチゼンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E8%B6%8A%E5%89%8D