「トーキング・ヘッズ」デビッド・バーン「デッド・オア・アライブ」ピート・バーンズ「ザ・フーターズ」エリック・バジリアン


次の音楽グループとボーカルの
正しい組み合わせを選びなさい
トーキング・ヘッズ───デビッド・バーン
デッド・オア・アライブ───ピート・バーンズ
ザ・フーターズ───エリック・バジリアン
36%

トーキング・ヘッズ (Talking Heads) は、1974年に結成、1991年に解散したアメリカ合衆国のロックバンド。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第100位。

トーキング・ヘッズは、ニューヨーク・パンクの拠点となったライブハウス「CBGB」出身のバンドで、1970年代半ばから1980年代後半にかけて活動した。メンバーは名門美術大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインの出身で「インテリバンド」と呼ばれることが多く、初期はパンク・バンドとされていたが、ボーカルのデヴィッド・バーンがアフロ・リズムに傾倒し、それを大胆に楽曲に取り入れるようになると、ポスト・パンクとされるようになった。
バンドはデヴィッド・バーン(ボーカル、ギター)、クリス・フランツ(ドラム、バック・ボーカル)、ティナ・ウェイマス(ベース、バック・ボーカル)、ジェリー・ハリスン(キーボード、ギター、バック・ボーカル)の4人編成だが、1980年のアルバム『リメイン・イン・ライト』前後から、サポート・メンバーを大々的に起用し、ビッグ・バンド編成でライブを行うようになった。1981年からはライブの最中にバンド内バンド「トム・トム・クラブ」のコーナーを組み込むようになった。
引用元:トーキング・ヘッズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%83%E3%82%BA

デヴィッド・バーン(David Byrne、1952年5月14日 – )はイギリス出身のアーティスト。1974年から1991年まで活動したアメリカのロックバンド、トーキング・ヘッズでの活動でも知られる。イギリスで生まれ現在はニューヨーク在住だが、アメリカの市民権は選んでいない[1] 。

>トーキング・ヘッズとして8枚のアルバムをリリース。その間、1981年にはブライアン・イーノと組み、『マイ・ライフ・イン・ザ・ブッシュ・オブ・ゴースツ』でソロデビュー。1986年にはトーキングヘッズの7th「トゥルー・ストーリーズ」発売に平行して、アルバムと同名の映画を作成するなど映像分野にも進出していたが、徐々にバンド内に亀裂が生じ間もなくトーキング・ヘッズは活動を停止した。
映画『ラストエンペラー』の音楽を手がけ、坂本龍一、コン・スーとともに、1987年度アカデミー賞作曲賞を受賞している。
引用元:デヴィッド・バーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3

デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)は、シンセポップ,ニューロマンティック,Hi-NRG,ユーロビートに分類される作品を制作していた、イギリスのバンドである。ユーロビートの直接の創始者の1つとされる。当バンドは、バブル時代の日本においても絶大な人気を誇っていた。例えば、日本全国ネットのテレビ出演を多数回行い、当時最大手の高級ディスコチェーンであったマハラジャでも毎日のように作品が選曲されているなど、ディスコ関係者から一般層まで、幅広く注目を集めていた。結果として、日本のアイドル歌謡や、その後継のJ-POPにも多大な影響を与えることになった。リーダーであるピート・バーンズの妖艶さに加え、容姿とは裏腹な野太いボーカルが印象的である。1980年代後半において最新鋭かつ最高峰の音楽制作機材であった、YAMAHA DX7,PPG Wave,Fairlight CMIをサウンドの中核に据え、打ち込み中心で音楽制作を行っていたが、打ち込みの工夫によりロックのような力強さを持たせていた。
引用元:デッド・オア・アライヴ (バンド) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B4_(%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)

ピート・バーンズ(Pete Burns、1959年8月5日 – 2016年10月23日)は、イギリス出身のシンガーソングライター。イギリスのハイエナジーバンド「デッド・オア・アライヴ」のリーダーでありボーカルを務めている。妖艶なルックスに加え、容姿とは裏腹な野太いボーカルが印象的。[要出典]

引用元:ピート・バーンズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA

ザ・フーターズ(The Hooters)は、アメリカ合衆国・フィラデルフィア出身のロックバンドである。代表曲に「朝までダンス(And we danced)」「デイ・バイ・デイ(day by day)」「ジョニーB(Johnny B)」などがある。フォーク、ケイジャン、ザディコ、レゲエ、スカなど北中米の民俗音楽を大胆に採り入れたサウンドで一世を風靡した。また主要メンバーのうちの一人ロブ・ハイマンは、マイルス・デイヴィスやタック&パティらにカヴァーされたシンディ・ローパーのスタンダード「タイム・アフター・タイム」の作曲者としても知られている。バンド名はメロディカの異称から採られている。
引用元:ザ・フーターズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA

Eric M. Bazilian (born July 21, 1953), is an American singer, songwriter, multi-instrumentalist, arranger and producer, best known for being a founding member of the rock band The Hooters and for writing “One of Us,” made famous by Joan Osborne in 1995.

Tenure with The Hooters[edit]
After Baby Grand disbanded, Hyman and Bazilian decided to try something new by combining reggae, ska, and rock’n’roll to create The Hooters in 1980.

Nervous Night, The Hooters’ 1985 debut on Columbia Records, sold more than 2 million copies and included Billboard Top 40 hits “Day By Day” (#18), “And We Danced” (#21) and “Where Do The Children Go” (#38).

After releasing six albums, The Hooters obtained a large global following throughout the 1980s and 1990s. As a result, they were asked to open three major musical events of the late 20th century: Live Aid in Philadelphia in 1985, Amnesty International Concert at Giants Stadium in 1986, and Roger Waters’ The Wall Concert in Berlin in 1990. In 1995, The Hooters went on hiatus, although Hyman and Bazilian would continue to collaborate on musical projects for other artists.
引用元:Eric Bazilian – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Eric_Bazilian