エアロスミス『Walk This Way』『Livi’n On The Edge』『Dream On』


次のうち
アメリカのロックバンド
エアロスミスのアルバム
収録曲を1つ選びなさい
Walk This Way(答)『闇夜のヘヴィ・ロック』
Hold The Line 「Toto」
Livi’n On The Edge(答)『ゲット・ア・グリップ』
Immigrant Song 「レッド・ツェッペリン」
Livin’ On’A Prayer 「ボン・ジョヴィ」
Jump 「ヴァン・ヘイレン」
Dream On(答)『野獣生誕』
Love Gun 「キッス」
46%

107zeXbJQt
『Draw the Line』
『DREAM ON』
『WALK THIS WAY』
『ミス・ア・シング』
エアロスミス(答)
ニルヴァーナ
イーグルス
TOTO

CIMG3761
次のうち
アメリカのロックバンド
エアロスミスのアルバム
収録曲を1つ選びなさい
Walk This Way(答)
Bad Medicine ボン・ジョヴィ
Jump ヴァン・ヘイレン
Hold The Line TOTO
Draw the Line (答)
Immigrant Song レッド・ツェッペリン
Dream On (答)
Separate Ways Journey
引用元:エアロスミス『Draw the Line』 『DREAM ON』 『WALK THIS WAY』 『ミス・ア・シング』『Draw the Line』 http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/16631/

エアロスミス(Aerosmith)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンからデビューしたロックバンド。

「ドリーム・オン」(Dream On)
1973年のデビュー・アルバム『野獣生誕』からのリカット。アルバムのセールスは思わしくなかったものの、「ドリーム・オン」はボストン周辺で高い支持を得ていた。その後、バンドのブレイクとともに再発売され、1976年には全米チャート6位(Billboard Hot 100)まで上昇した[23]。後に、ライヴ・バージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』サウンドトラックに提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッド・オア・アライブ・アルティメット』挿入歌としても使用されている。レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンとともに、「ドリーム・オン」をエアロスミスのトリビュート・アルバムでカバーした。
『ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500』において173位にランクインしている[41]。

「ウォーク・ディス・ウェイ」(Walk This Way)
1975年発表の3rdアルバム『闇夜のヘヴィ・ロック』収録。1977年にリカットされ全米チャート10位(Billboard Hot 100)を記録した[23]。
ラップ・ロックの先駆的な楽曲であり、1986年にRun-D.M.C.によるカバー曲が全米チャート4位(Billboard Hot 100)を記録するヒットとなった[16]。このカバーにはスティーヴンとジョーも参加している[43]。
日本では日本テレビ系列のバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』メインテーマとして使用されている。
『ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500』において336位にランクインしている[44]。
引用元:エアロスミス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9