桂「文之助」上方落語の大名跡


2013年10月に落語家・桂雀松が
襲名した、上方落語の大名跡は
桂◯◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
ぶんのすけ(答)
「桂文之助」
8%

名跡(みょうせき)は、家制度と密接に結びつき、代々継承される個人名。もしくは家名。「めいせき」と発音するのは誤り。

概要[編集]
主に武家などにおいて名字を継承する(武家の場合は下の名前は継承しない)。
ビジネスで(旧い商家にて)老舗家の当主が代々継承する名前(フルネーム)。
芸道・芸能や相撲・武道の世界などにおいて代々襲名する名前(フルネーム)。相撲の場合はフルネームではないことがほとんどである。
日本古来の大家族・「家制度」と密接な関係を持っている。そのため、民法の相続編・親族編が1947年(昭和22年)に改正され、家制度が崩壊してからは、現代人にはわかりづらい制度になっている。

こうした止め名や家元的名跡などを含めて、名跡のうちでも伝統があるものを特に大名跡と呼ぶことがある。歌舞伎と落語では名跡はとても重視され、前記のように出世魚式の名跡のリレーが見られるほか、第一線で活躍している者は、全員が大名跡を名乗っている(ただし落語では平成期にその伝統が崩れ、歌舞伎にも例外がある〔=初代吉右衛門、当代の中村梅之助など〕)。歌舞伎と落語以外では名跡へのこだわりは薄い。例えば大相撲の四股名は最上位力士であっても名跡を継承する場合もしない場合もある(反面、年寄名跡制度は一代年寄制度と併存しながらであるが守られている)。
引用元:名跡 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%B7%A1

桂 文之助(かつら ぶんのすけ)は、落語家の名跡。上方と江戸の二流あり、上方の方は2代目桂枝雀門下の桂雀松が2013年10月に襲名したが、江戸は空き名跡のままである。また、上方の方は大名跡である。
引用元:桂文之助 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E6%96%87%E4%B9%8B%E5%8A%A9

三代目 桂 文之助(さんだいめ かつら ぶんのすけ、1956年5月28日 – )は、日本の落語家、桂文之助の当代。前名は桂雀松(かつら じゃくまつ)。本名は片岡 尚人。所属事務所は米朝事務所。上方落語協会会員(2008年12月復帰)。

兵庫県神戸市出身。小学校の頃から落語に興味持ち、中学卒業と同時に桂枝雀の元に弟子入りを懇願するが高校卒業してからでも遅くないと断られる、兵庫県立兵庫高等学校に通いながらいろんな落語会に足を運び多くの噺家の知遇を得る。高校3年の夏休みに弟子入りが許され、卒業後、1975年3月に桂枝雀に正式に入門、高座名は船弁慶の「雀のお松」に由来し大師匠の桂米朝が命名した。「雀の会」にて初舞台を踏む。
2003年3月に気象予報士を取得、「落語もできる気象予報士」となる。通称は、師匠が命名した「あたまっちゃん」。
引用元:桂文之助 (3代目) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E6%96%87%E4%B9%8B%E5%8A%A9_(3%E4%BB%A3%E7%9B%AE)