真矢みき、愛華みれ、真飛聖


次の人物を
宝塚歌劇団の
花組男役トップスターを
務めた順に選びなさい
真矢みき まやみき
愛華みれ あいかみれ
真飛聖 まとぶせい
25%
固定肢のようです

花組(はなぐみ)は宝塚歌劇団第1番目の組である。イメージカラーは赤~ピンク。組長は高翔みず希、副組長は花野じゅりあ。

組の特色[編集]
1921年10月15日に公演数と生徒の増加によって月組と2つに分かれて誕生。組名称は『雪月花』にちなんで名づけられた。その際、一班を『花組』、二班を『月組』としたため、花組が「宝塚で最も歴史の古い組」とされている。全5組の筆頭でもある。
また、「男役の宝庫」とも呼ばれ、数多くのスターを輩出。トップスター・トップ娘役に組生え抜きのスターが就任する例が多い一方、他組の歴代トップスター・トップ娘役にも花組在籍歴がある者が多い。

歴代トップスター[編集]

>真矢みき(1995年5月6日~1998年10月5日)
愛華みれ(1998年10月6日~2001年11月11日)
匠ひびき(2001年11月12日~2002年6月23日)
春野寿美礼(2002年6月24日~2007年12月24日)
真飛聖 (2007年12月25日~2011年4月24日)
蘭寿とむ(2011年4月25日~2014年5月11日)
明日海りお(2014年5月12日~)
引用元:花組 (宝塚歌劇) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

真矢 ミキ(まや みき、1964年1月31日 – )は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組トップスター。旧芸名・真矢 みき(読み同じ)。本名、西島 美季(にしじま みき)、旧姓、佐藤(さとう)。所属事務所はオスカープロモーション。
広島市[1]西区南観音町[2]生まれ、大阪府豊中市育ち[3]。

>大地真央への憧れから豊中市立第二中学校卒業後、1979年に宝塚音楽学校に入学。1981年、67期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は21番。同期には女優の北原遥子(元娘役スター、日本航空123便墜落事故で死亡)、黒木瞳(1982年 – 1985年まで月組トップ娘役)、涼風真世(1991年 – 1993年まで月組トップスター)、毬藻えり(1989年 – 1992年まで星組トップ娘役)、演劇プロデューサー、活弁士、日本舞踊講師の幸風イレネがいる。現役では雪組組長の梨花ますみがいる。
初舞台当初から注目を集め、歴代花組トップスターに勝るも劣らぬ個性派スターとしての道を歩み、特に1992年 – 1995年は2番手ながらトップとほぼ同等な扱いを受け、芝居・ショーともに活躍。安寿ミラとの男役同士のコンビは当時呼び物となった。1995年、安寿の退団により『エデンの東』で花組トップスターに就任。相手役には純名里沙。純名の退団後は千ほさち(現・森ほさち)を相手役に迎えた。

長髪のヘアスタイルやナチュラルな舞台メイク、独特の着こなしや、退団直前につんく♂プロデュースによる日本武道館でのソロコンサートの開催、篠山紀信撮影による写真集の出版など、宝塚に新しい風を積極的に吹きこみヅカの革命児とまで言われた。
引用元:真矢ミキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%9F%A2%E3%83%9F%E3%82%AD

愛華 みれ(あいか みれ、1964年[1]11月29日[2] – )は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組トップスター[2]。身長168cm[2]、血液型O型[2]。愛称は「タモ」[2]。
鹿児島県南大隅町(旧根占町)出身[1]。鹿児島県立南大隅高等学校出身[1]。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属[2]。
兄は南大隅町長の森田俊彦。

1999年の『夜明けの序曲』で花組トップスターに就任[2]。この時期は愛華をはじめ5組のトップスター中4組が同期生であった(花組・愛華、月組・真琴、雪組・轟、星組・稔)。
2001年、『ミケランジェロ』のタイトルロールを最後に退団。以後、女優として舞台からテレビなどで活動している。
引用元:愛華みれ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E8%8F%AF%E3%81%BF%E3%82%8C

真飛 聖(まとぶ せい 1976年10月13日 – )は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組トップスター。所属事務所はワタナベエンターテインメント。
神奈川県川崎市出身。愛称は「ゆう」。下級生時代は「うんた」と呼ばれていたこともある。公称身長169cm、血液型B型。出身校は中延学園高等学校(現、朋優学院高等学校)。

>2007年12月25日、春野寿美礼の後任として花組トップスターに就任。他組出身者の花組トップスターは1987年就任の大浦みずき以来20年ぶりだった。相手役は桜乃彩音。
引用元:真飛聖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E9%A3%9B%E8%81%96