ルネ・クレマン『太陽がいっぱい』ミケランジェロ・アントニオーニ『太陽はひとりぼっち』ジャック・ドレー『太陽が知っている』



アラン・ドロン主演の映画
『太陽がいっぱい』の監督は
ルネ・クレマンですが

『太陽はひとりぼっち』
の監督は?
ルネ・クレマン
ルネ・クレール
ミケランジェロ・アントニオーニ(答)
ジャック・ドレー
45%


アラン・ドロン主演の映画
『太陽がいっぱい』の監督は
ルネ・クレマンですが

『太陽が知っている』の監督は?
ジャック・ドレー(答)

『太陽がいっぱい』(たいようがいっぱい、原題:Plein soleil )は、1960年のフランスとイタリアの合作映画。主演:アラン・ドロン、監督:ルネ・クレマン。

概要[編集]
パトリシア・ハイスミスの小説 The Talented Mr. Ripley (才人リプリー君)(邦訳本の題名は『太陽がいっぱい』、『リプリー』)を原作とした、ピカレスク・サスペンス。出演はアラン・ドロン、モーリス・ロネ、マリー・ラフォレでルネ・クレマン監督の代表作と言われている。音楽はニーノ・ロータで主題曲も当時ヒットした。
引用元:太陽がいっぱい (映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

パトリシア・ハイスミスの原作小説を、巨匠ルネ・クレマン監督が映画化したサスペンスドラマ。主演アラン・ドロンはこの1作で一気にスターダムを駆け上がった。貧しいアメリカ人青年トム(ドロン)は、金持ちの道楽息子フィリップの父親に頼まれ、彼を連れ戻すためナポリにやってきた。金にものを言わせ女遊びに明け暮れるフィリップに怒りと嫉妬を覚えたトムは、フィリップを殺して彼に成りすまそうと計画するが……。音楽はニーノ・ロータ。
引用元:太陽がいっぱい : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/46470/

『太陽はひとりぼっち』(たいようはひとりぼっち、イタリア語: L’eclisse / 英語: The Eclipse)は、1962年(昭和37年)製作・公開のイタリア・フランス合作映画である。

>略歴・概要[編集]
アントニオーニの「愛の不毛三部作」のひとつ。大人の愛の不毛を描いた名画であり、主題曲もモーリス・ルクレール楽団版とコレット・テンピア楽団とヌーベル・マリーエ楽団、ベンチャーズ版と多くのバージョンがある。
1962年度カンヌ映画祭審査員特別賞受賞。
略歴・概要[編集]
アントニオーニの「愛の不毛三部作」のひとつ。大人の愛の不毛を描いた名画であり、主題曲もモーリス・ルクレール楽団版とコレット・テンピア楽団とヌーベル・マリーエ楽団、ベンチャーズ版と多くのバージョンがある。
1962年度カンヌ映画祭審査員特別賞受賞。
引用元:太陽はひとりぼっち – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AF%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%BC%E3%81%A3%E3%81%A1

「情事」のミケランジェロ・アントニオーニ監督作。脚本はアントニオーニ、トニーノ・グエッラ、エリオ・バルトリーニの「情事」組にオティエリが新たに参加、撮影は「太陽の誘惑」のジャンニ・ディ・ヴェナンツォ、音楽は「情事」のジョヴァンニ・フスコ。出演は「生きる歓び」のアラン・ドロン、「情事」のモニカ・ヴィッティ。製作はロベールとレイモンのアキム兄弟。一九六二年度カンヌ映画祭審査員特別賞受賞。
引用元:太陽はひとりぼっち : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/46494/

『太陽が知っている』(たいようがしっている、原題・フランス語: La piscine)は、1969年のフランス・イタリア合作のドラマ映画。ジャック・ドレーが監督、アラン・ドロンとロミー・シュナイダー、モーリス・ロネ、ジェーン・バーキンらが出演した。サントロペでロケーションが行われている[1]。
引用元:太陽が知っている – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%8C%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B