『正しい相対性理論』


坂本龍一ら多くのミュージシャン
が参加した、2011年4月発売の
バンド・相対性理論の
アルバムは?
『美しい相対性理論』
『楽しい相対性理論』
『正しい相対性理論』
『新しい相対性理論』
27%


「やくしまるえつこ」メトロ
オーケストラ」が歌った
2011年放送のTVアニメ『輪る
ピングドラム』の主題歌は?
ルノルニ
ノルニル(答)
引用元:アースガルズ、ミズガルズ、ヘルヘイム http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/34437/

『正しい相対性理論』(ただしいそうたいせいりろん)は、2011年4月27日に発売の相対性理論のアルバムである。本作はcommmonsとみらいrecordsの共同リリースとなる。
引用元:正しい相対性理論 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E7%90%86%E8%AB%96

相対性理論(そうたいせいりろん)は、2006年9月に結成された日本のバンド。東京都を基点として活動している。インディーズレーベルみらいrecords所属。『ポストYouTube時代のポップ・マエストロ[1]』、『全天候型ポップ・ユニット[2]』、『ポップ・シークレット・プロジェクト[3]』を名乗る。実験的なサウンドが特徴である。

>初期はライブ以外ではジャケットやプロモーション・ビデオでも姿を見せておらず、個々人のプロフィールは曖昧で、その音楽に対する注目度に比するとメディアへの露出が極端に少ないバンドであった。現在もメンバーは並行して多くの活動を行っている。
『STUDIO VOICE』2009年7月号において、初めて相対性理論が特集として大きく取り上げられた。この中でボーカルのやくしまるえつこの写真が掲載され、やくしまるによる朗読CDが付録としてついており、それ以降はメンバーそれぞれの活動が活発化したことなどもあって、メディアへの露出も普通に行われるようになっている。『シフォン主義』は発売時期によって表記クレジットが異なり、また『ハイファイ新書』では作曲に真部脩一、作詞に真部脩一とティカ・α(=やくしまる)が表記されているが、正しくはメンバー全員で作詞作曲を行っている[4][5]。メンバーも流動的であることが前提らしく、一般的なバンドよりもプロジェクトとしての性格が強く、参加メンバーや人数も時期により変動している。コンセプターであるやくしまるえつこは、「相対性理論はソフトウェア」と語っている[6]。
引用元:相対性理論 (バンド) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E7%90%86%E8%AB%96_(%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)