「スティーヴ・ヴァイ」元アルカトラス 元デビッド・リー・ロス・バンド


元ホワイトスネイク
元デビッド・リー・ロス・バンド
アメリカのギタリスト
元アルカトラス
ジミ・ヘンドリックス
デイヴ・ムステイン
フランク・ザッパ
スティーヴ・ヴァイ(答)
40%


アメリカのギタリスト
元バンド・オブ・ジプシーズ
1970年に27歳で死去
ギターを焼くパフォーマンス
ジミ・ヘンドリックス(答)

連想
大佐
アメリカのギタリスト
素行不良でメタリカを解雇
メガデスのメンバー
デイヴ・ムステイン(答)

連想
アルバム『アンクル・ミート』
1964年にザ・マザーズを結成
息子ドゥイージルもギタリスト
口ひげがトレードマーク
フランク・ザッパ(答)

CIMG6443
イギリスのドラマー
元ホワイトスネイク
元ゲイリー・ムーア・バンド
ディープ・パープルで活躍
ロジャー・テイラー
コージー・パウエル
ジェフ・ポーカロ
イアン・ペイス(答)
引用元:アメリカ「ガンズ・アンド・ローゼズ」「Mr.Big」イギリス「セックス・ピストルズ」「ザ・フー」 『ロック・オペラトミー』ザ・フー http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/10389/

スティーヴ・ヴァイ(Steve Vai、本名 Steven Siro Vai、1960年6月6日 -)は、アメリカのミュージシャン。ギタリスト、作曲家。フランク・ザッパ門下生の1人で、その中では最も商業的に成功したと言える人物。グラミー賞受賞。

アルカトラス移籍からデヴィッド・リー・ロスのバンドへ[編集]
1984年、グラハム・ボネットのバンド、アルカトラスからイングヴェイ・マルムスティーンが脱退したため、後任として加入。
1985年、元ヴァン・ヘイレンのデイヴィッド・リー・ロスから誘いを受けて、バック・バンドに加入。アルバム2枚に参加した後、バンドを脱退。かねてより構想を練っていたソロアルバムの作成にとりかかる。

ソロ活動[編集]
1986年、元セックス・ピストルズのジョン・ライドンのバンド、パブリック・イメージ・リミテッドのアルバム「ALBUM」(CD版タイトルは「COMPACT DISC」)のレコーディングに参加(坂本龍一やジンジャー・ベイカー、ビル・ラズウェルらと競演)。
1986年、映画「クロスロード」(音楽監督は、ライ・クーダー)に悪魔に魂を売り渡したギタリスト「ジャック・バトラー」役で出演。終盤のギター対決では、テレキャスターを持ったギター少年「ユージン」と壮絶なギターバトルを展開する。
1989年、レベッカの12枚目のシングル「SUPER GIRL (SUPER REMIX)」にリード・ギターで参加。[3]

ホワイトスネイク加入[編集]
1989年、元ディープ・パープルのデイヴィッド・カヴァーデイルが結成した、ホワイトスネイクに加入し、アルバム『スリップ・オブ・ザ・タング』を製作[4]。
続くワールドツアーにも参加。翌1990年に発表されたソロアルバム『パッション・アンド・ウォーフェア』はインストゥルメンタルアルバムでありながら全米18位[5]・全英8位[6]を記録する大ヒット作となった。
引用元:スティーヴ・ヴァイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4