リチャード・サンダーソン『愛のファンタジー』


ソフィー・マルソー主演の
映画『ラ・ブーム』の主題歌
『愛のファンタジー』を
1980年にヒットさせた歌手は?
リチャード・サンダーソン(答)
クリストファー・クロス
エルヴィス・コステロ
ブライアン・アダムス
32%

『ラ・ブーム』(La Boum)は、1980年に公開されたクロード・ピノトー監督によるフランス映画である。当時13歳で700人の中から選ばれた[5]ソフィー・マルソーのデビュー作であり、フランスで入場者数437万人[2][3]とも動員450万人[4]とも伝えられる大ヒットを記録しただけではなく、ドイツ・イタリア・スイスなどヨーロッパ各国[4]や日本を含むアジア[6]でヒット作となった。主題歌となったリチャード・サンダーソンの「愛のファンタジー」(Reality) も同時に話題になった。

「ブーム」とはパーティーのこと[7][8]。ブームに誘われることを夢見る13歳のヴィックが、自分の14歳の誕生日ブームを開くまでの物語。リセの新学期(夏のバカンス明け)に始まり、歯科医とイラストレーターである両親の別居騒動、ハープ奏者の曾祖母プペットの折々の助言を背景に、ブームで出会ったマチューとの恋模様、春休み明けに自身が開く誕生日ブームまでを描く。
フランス的文化・恋愛価値観が垣間見られる作品。
引用元:ラ・ブーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%A0

13歳の少女が青春の入口を通り抜け、人生の喜びと悲しみにふれるさまを描く。フランスでは四五〇万人の観客を動員するヒットを記録した。製作はアラン・ポワレ、監督は“La Gifle”(74)のクロード・ピノトー。彼と女流のダニエル・トンプソンが脚本を執筆し、トンプソンが台詞を書いている。撮影はエドモン・セシャン、音楽はウラジミール・コスマが各々担当。主題歌「愛のファンタジー」をリチャード・サンダーソンが歌っている。出演は七〇〇人の応募者のなかから選ばれたソフィー・マルソーを始め、クロード・ブラッスール、ブリジット・フォッセー、ドニーズ・グレー、シーラ・オコナー、アレクサンドラ・ゴナン、アレクサンドル・スターラン、ベルナール・ジロドーなど。
引用元:ラ・ブーム | 映画-Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv11306/

Richard Sanderson (born 5 March 1953 in Taplow) is an English singer, best known for his hit songs “Reality”, “So Many Ways” and “She’s a Lady”.
引用元:Richard Sanderson – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Richard_Sanderson