郷ひろみ『刑事(でか)貴族』


1990年に日本テレビで放映された
TVドラマ『刑事貴族』で
主役の風間明刑事を演じたのは?
宍戸開
世良公則
松方弘樹
郷ひろみ(答)
45%

250XRslCLCMlT
TVドラマ『相棒』で、season10
の第1話まで小料理屋・花の里の
おかみ・宮部たまきを演じていた
女優は? ひらがなで答えなさい
ますどいくえ(答)
「益戸育江」

ですが、
season10より小料理屋・花の里の2代目おかみ・月本幸子を演じる女優は?
すずきあんじゅ
「鈴木杏樹」
引用元:『相棒』花の里・初代おかみ「益戸育江(旧芸名高樹沙耶)」二代目「鈴木杏樹」 『はぐれ刑事純情派』さくらのママ「眞野あずさ」 かな「真野(まや)響子」「真野(まの)あずさ」「陣内大蔵(じんのうちたいぞう)」 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/14298/


2012年10月に「60歳になったら
歌手を引退する」と発表した
ベテラン歌手は?
沢田研二
郷ひろみ
野口五郎
西城秀樹(答)

『刑事貴族』(でかきぞく)は、1990年4月13日から1992年12月25日まで、日本テレビ系列で毎週金曜20:00 – 20:54(JST)に全3シリーズが放送された刑事ドラマ。『刑事貴族』(37話)、『刑事貴族2』(40話)、『刑事貴族3』(26話)の計103話が製作された。
『刑事貴族』『刑事貴族2』『刑事貴族3』各シリーズについてもここで詳述。

東京都新宿区にある架空の警察署「警視庁代官警察署(通称=代官署)」刑事課の刑事たちの活躍を描くアクション刑事ドラマ。
当初はアメリカ作品「クライム・ストーリー(原題:Crime Story)」[1]をコンセプトに[2]舘ひろしを主演に据えたシビアなハードボイルド路線を主体とし、主人公の車や使用楽曲などアメリカ的なテイストを前面に押し出す内容でスタートするが、舘は石原プロ制作の刑事ドラマ『代表取締役刑事』に主演するため半年で降板。新たに郷ひろみを主演に迎えアメリカ的なイメージを残しつつ、舘が持つキャラクターをメインに据えた構成からメンバー個々にもキャラクター性を与え各主演話を設けたりする従来の集団刑事ドラマ的な構成へと組み替えられた[3]。続く『刑事貴族2』以降の主演は水谷豊に定着し、出演陣も大幅に入れ替え、脚本も後味の悪い結末[4]が多かった『刑事貴族』から一転、コメディを交えたスピーディかつ単純明快かつ軽薄路線にするなど再度のリニューアルが図られた。

>刑事貴族(パート1)初登場組[編集]
牧 俊介(警部補もしくは巡査部長) – 舘ひろし(第1話 – 第16話)
シングルのスーツとサングラスに身を包む刑事課のエース。

>風間 明(警部補もしくは巡査部長) – 郷ひろみ(第17話 – 第37話)
殉職した牧の後任。
本庁からの出向でFBIに3年間研修に出ていた。持ち前の鋭い勘と推理力で事件を解決に導く

>青木 順子 – 高樹沙耶(1第17話から2第19話・3第18話 – 第26話)[5]
志村の後任として城南署の少年課から転属してきた。通称は”順子(さん)”。
引用元:刑事貴族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%B2%B4%E6%97%8F