オペラ・コミーク『われ、もし王者なりせば』 『カルメン』


『われ、もし王者なりせば』
『カルメン』
『ホフマン物語』
語りの台詞の入ったオペラ
ヴェリズモ・オペラ
オペラ・セリア
オペラ・ブッファ
オペラ・コミーク(答)
32%


『皇帝ティートの慈悲』
『セミラーミデ』
『イドメネオ』  
神話や古典悲劇が題材
オペラ・セリア(答)

連想
『セビリアの理髪師』
『ファルスタッフ』
『フィガロの結婚』
日常生活を題材にした喜劇
オペラ・ブッファ(答)

連想
『道化師』
『カヴァレリア・ルスティカーナ』
『トゥーランドット』
19世紀から20世紀初期に流行
ヴェリズモ・オペラ(答)

008RSAKVcBIXx
シチリアの村を舞台にした
イタリアの作曲家マスカーニ
のオペラは『カバレリア・
◯◯◯◯◯◯◯』?
カルーティスナ
ルスティカーナ(答)
『カバレリア・ルスティカーナ』
Cavalleria Rusticana
引用元:『カバレリア・ルスティカーナ』 マスカーニのオペラ http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/2583/

CIMG3845
次のうち、モーツァルト作曲の
オペラ『フィガロの結婚』の
登場人物を1つ選びなさい
ロジーナ(答)
カヴァラドッシ 『トスカ』プッチーニ
ラダメス 『アイーダ』ヴェルディ
アルマヴィーヴァ伯爵(答)
レオノーレ 『フィデリオ』ベートーベン
フィガロ(答)
ピンカートン 『蝶々夫人』プッチーニ
スカルピア 『トスカ』プッチーニ
引用元:『コシ・ファン・トゥッテ』モーツァルトのオペラ 第「5」番『トルコ風』 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/25266/

023mtwfvCRpiR
オペラ『預言者』
オペラ『アフリカの女』
オペラ『ユグノー教徒』
オペラ『悪魔ロベール』
ジョルダーノ
コープランド
グリンカ
マイアベーア(答)
引用元:マイアベーア ドイツの作曲家『悪魔ロベール』『ユグノー教徒』『預言者』 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/682/

オペラ・コミック(Opéra comique, 複数形:Opéra comiques)は、フランスの、歌以外の台詞を含むオペラの一形態。「オペラ・コミーク」という表記もある。サン・ジェルマン、サン・ローレン市場の劇場(さらに限定するとコメディ・イタリアン)の人気ヴォードヴィルから誕生した。最初にこの名前が使われたのはアラン=ルネ・ルサージュの『Télémaque(テレマック)』(1715年)だが、その伝統は20世紀まで続いた。
パリにあった劇場オペラ=コミック座と関係していて、元来は名前通りに滑稽で軽いものが主であったが、18世紀終盤のフランス革命期からは英雄的で真面目な内容のものが増え、伝統的なオペラとの違いはレチタティーヴォではなく台詞を用いること程度になってゆく。事実、おそらく最も有名なオペラ・コミックであろう『カルメン』は悲劇である。
引用元:オペラ・コミック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF

オペラ・セリア(正歌劇、イタリア語:Opera seria, or dramma per musica; ドランマ・ペル・ムジカ, melodramma serio; メロドランマ・セリオ)は、1710年代から1770年頃までヨーロッパで支配的だった、高貴かつ「シリアス」(イタリア語:seria)なイタリア・オペラ(英語版)のこと。もっとも当時は「オペラ・セリア」という言葉が使われることは滅多になく、流行が廃れてから使われるようになった。歴史的ジャンルと見られたのである。オペラ・セリアのライバルは、即興的なコメディア・デラルテを手本とした喜劇的なオペラ、オペラ・ブッファである。
引用元:オペラ・セリア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%82%A2

オペラ・ブッファ(イタリア語:opera buffa)は、オペラの一形態。18世紀前半にナポリで生まれ、その後ローマやイタリア北部でも広く知られるようになった。18世紀後半には豊かに発展し、パイジェッロ、チマローザ、モーツァルトによって頂点を迎え、19世紀前半のドニゼッティの頃まで盛んに書かれた。

>オペラ発展の歴史の中で、オペラ・ブッファは、それまで主流であったオペラ・セリア(ただしこの用語はブッファとの対比においてのみ用いられ始めた新しい用語であり、そもそもはドランマ・ペル・ムージカと呼ばれる)の持つ様式に対する反動として形成された。オペラ・セリアが王侯や貴族のために作られた贅沢な娯楽であったのに対し、オペラ・ブッファは市民的で、より身近な問題を取り扱うものであった。
引用元:オペラ・ブッファ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A1

ヴェリズモ・オペラ(verismo opera)は、1890年代から20世紀初頭にかけてのイタリア・オペラの新傾向である。同時代のヴェリズモ文学に影響を受け、内容的には市井の人々の日常生活、残酷な暴力などの描写を多用すること、音楽的には声楽技巧を廃した直接的な感情表現に重きを置き、重厚なオーケストレーションを駆使することをその特徴とする。
そうした傾向をもっともよく示す作品として今日も上演機会が多いオペラとしては、ピエトロ・マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』(初演1890年)、ルッジェーロ・レオンカヴァッロ『道化師』(同1892年)などがある。時には、同時代に作曲されたウンベルト・ジョルダーノ『アンドレア・シェニエ』(同1896年)やジャコモ・プッチーニ『トスカ』(同1900年)など、同時代の庶民生活を題材とせず、歴史上あるいは架空の人物を主人公とするオペラも、その激しい感情表出に着目した場合「ヴェリズモ・オペラ」の範疇に含めて論じられることもある。
引用元:ヴェリズモ・オペラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A2%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9

アドルフ・アダンまたはアドルフ=シャルル・アダン(Adolphe-Charles Adam, 1803年7月24日 – 1856年5月3日)はフランスの作曲家・音楽評論家。

こんにちでは、バレエ『ジゼル』(1841年)がとりわけ有名である。そのほかにもいくつかのバレエ音楽と39曲のオペラを作曲し、『我もし王なりせば』(Si j’étais roi, 1852年)がオペラにおける代表作と呼ばれている。クリスマス・キャロル『クリスマスの賛美歌』(Cantique de Noël )は、英語の題名O Holy Night (『おお聖夜』)で国際的に有名であり、ラジオの音楽番組で最初に放送された楽曲かも知れないと言われている([1])。この曲は日本では「さやかに星はきらめき」(讃美歌第二編219番)、「清らに星すむ今宵」(聖歌)、または「オー・ホーリー・ナイト」として知られる。
引用元:アドルフ・アダン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%B3

カルメン
Carmen

リュドビク・アレビとアンリ・メイヤックの台本による,ジョルジュ・ビゼー作曲の 4幕オペラ。初演は 1875年3月3日パリのオペラ・コミック座。プロスペル・メリメの小説『カルメン』Carmenに取材したロマの女カルメンと竜騎兵ドン・ホセの恋愛悲劇を,スペインを舞台にして異国情緒豊かにうたい上げている。『前奏曲』『ハバネラ』『ミカエラの詠唱』をはじめとする数々の名アリアで,世界で最も人気のあるオペラの一つ。
引用元:カルメン(カルメン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%B3-47927

『ホフマン物語』(ホフマンものがたり、Les Contes d’Hoffmann)は、フランスの作曲家ジャック・オッフェンバックの4幕の正式なオペラ(オリジナルは5幕7場)。ドイツ・ロマン派の詩人E.T.A.ホフマンの小説から3つの物語を用いて脚色したジュール・バルビエとミシェル・カレの同名の戯曲に基づいて、ジュール・バルビエ(Jules Barbier)が台本を書いた。1881年2月10日にパリのオペラ=コミック座で初演された。
主人公の詩人ホフマンが、歌う人形のオランピア、瀕死の歌姫アントーニア、ヴェネツィアの娼婦ジュリエッタと次々に恋に落ちるが何れも破綻するという内容。未完のまま作曲家が死去したこともあって数多くの版があり、謎の多い作品とされている。通常1回休憩を取る4幕または5幕で演奏されることが多い。ジュリエッタとの恋の場面で歌われる「ホフマンの舟歌」が有名だが、これは作曲者唯一のドイツ語オペレッタ「ラインの妖精」からの流用である。
引用元:ホフマン物語 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%B3%E7%89%A9%E8%AA%9E