『Mr.アンダースロー』小林繁を題材


1979年に明石家さんまが
リリースした、歌手としての
デビュー曲のタイトルは?
『Mr.オーバーハンド
『Mr.スリークォーター』
『Mr.サイドスロー』
『Mr.アンダースロー』(答)
62%

1979年に江川との超法規的交換トレードで入団した小林繁は22勝,とくに対読売に無傷の8連勝をあげ,一躍タイガースのエースとなった.
 この曲は明石家さんまの歌でCBSソニーからリリースされたもので,あきらかに小林を歌ったものだが,その事は明記されていない.
 当時あまりメジャーではなかったさんまはテレビでもしばしば小林をまねていた.またこの曲は大阪ガスのCFにも起用された.
引用元:Mr.アンダースロー http://www.gao.ne.jp/~tgs1698/mb/songs/mr-uth.htm

デビュー当初は菅原文太、桜田淳子のものまねや、当時人気だったプロ野球・阪神タイガースの小林繁の形態模写や漫談が主であったが、周囲からは「似てない」と酷評され、名前が売れるようになってからはこの2人の物真似を人前ですることはほとんどない。ピンで演じることもあったが、兄弟子の明石家小禄(後に五所の家小禄と改名)とのコンビで、コントスタイルで演じることもあった。ただし、最初は巨人の小林として形態模写をしており、江川卓とのトレードで阪神へ移籍した際にこの芸を封印したが、トレード直後の阪神での小林の活躍に伴い、関西地区で小林の形態模写を熱望されるようになり、渋々再開したところ、小林と相乗効果で人気を集めるようになった。

代表曲[編集]
1986 – 1988年に発売した曲が多いが、これらの多くはさんまが主演の単発ギャグドラマ『心はロンリー気持ちは「…」』の主題歌として作られた曲。
1979年 Mr.アンダースロー(「魅せられて」「大都会」はこのころのアルバム収録曲)
引用元:明石家さんま – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E7%9F%B3%E5%AE%B6%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%BE