『打撃天使ルリ』菊川怜主演 山本康人(やすひと)原作


2008年にテレビ朝日で放映
原作は山本康人の漫画
遠藤雄弥、池田努、石野真子
主演は菊川怜
『モンスターペアレント』
『四つの嘘』
『ハチミツとクローバー』
『打撃天使ルリ』(答)
44%

連想
2008年にフジテレビで放映
草刈正雄、平岡祐太、温水洋一
主人公は弁護士
主演は米倉涼子
『モンスターペアレント』(答)

連想
2008年に日本テレビで放映
原作は小田ゆうあの漫画
ミムラ、古田新太、高島礼子
主演は観月ありさ
『斉藤さん』(答)

連想
2008年にフジテレビで放映
瀬戸朝香、生田斗真、成宮寛貴
ハチミツとクローバー
主演は成海璃子
原作は羽海野チカの漫画
『ハチミツとクローバー』(答)

連想
2008年にテレビ朝日で放映
原作は大石静の小説
ハチミツとクローバー
寺島しのぶ、高島礼子
主演は永作博美
『四つの嘘』(答)

『打撃天使ルリ』(だげきてんしルリ)は、山本康人による日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて1998年43号から2000年45号まで「月イチ」で連載された。
また、テレビ朝日系列で2008年7月25日から9月5日まで、連続ドラマとして金曜ナイトドラマ枠で放送された(後述)。それに伴い漫画連載の新シリーズが開始され、第1話は同年の『週刊ヤングジャンプ』34号に掲載され、第2話以降は『月刊ヤングジャンプ』で、2009年2月号まで連載された。全4巻。

>普段はどこにでもいるような女子高生・ルリ。しかし彼女は打撃人類という特殊な人間であった。何の罪もない人々が身勝手で残虐な犯罪者の犠牲となる理不尽な世の中、彼女の怒りが頂点に達した時、自らの拳のみを武器として悪に立ち向かう。
人間の心からとめどなく生まれる“悪”とは何か。法律だけが人の罪を裁き、人を救えるのか。だが理不尽な暴力を目の前に、自身もまた打撃という暴力で悪を封じることで、法治国家においてはルリも犯罪者となってしまう。いったい“正義”とは何なのか?打撃人類としての宿命に苦悩し葛藤を抱えながらも、苦しむ人々を救い、戦うルリの姿が描かれた格闘アクション漫画である。
また世界観を含む一部設定は山本康人の漫画『打撃マン』を継承しており、今作の主人公であるルリもそちらで登場している。

>テレビドラマ[編集]
打撃天使ルリ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週金曜 23:15 – 24:10(54分)
放送期間 2008年7月25日 – 9月5日(7回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
原作 山本康人
脚本 徳永友一
プロデューサー 川西琢
櫻井美恵子
出演者 菊川怜
遠藤雄弥
池田努
中山恵
石野真子
升毅
池畑慎之介
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示
OTVbelweder-front.jpg
ドラマ
関連項目[表示]
2008年7月25日から9月5日までテレビ朝日系列の金曜ナイトドラマ枠で放送されたサスペンス・アクションドラマ。金曜ナイトドラマ枠では4作目の菊川怜主演作品である。
人物の名前はそのままだが、設定がほとんど異なるオリジナルストーリーで構成され、それに伴いオリジナルキャラクターも多数登場している。詳しくは下記を参照。
キャッチコピーは「許せない奴が、多すぎる。」「この正義が、罪だとしても。」。

引用元:打撃天使ルリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%93%E6%92%83%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%83%AB%E3%83%AA