鳥山雄司『The Song of Life』世界遺産


日本のドキュメンタリー番組
『世界遺産』のテーマ曲
『The Song of Life』の
作曲者は?
すぎやまこういち
猪俣公章 いのまたこうしょう
鳥山雄司(答)
三枝成彰 さえぐさしげあき
27%

鳥山 雄司(とりやま ゆうじ、1959年12月5日 – )は、神奈川県藤沢市出身のギタリスト、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーである。1981年にデビューし、代表曲に「The Song of Life」がある。また、音楽ユニット「PYRAMID」のメンバーとしても活躍している。

>1996年 – 松田聖子のシングル「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」の編曲を手掛け、オリコン週間チャート1位に輝く大ヒットを記録する。リリースした自身のアルバム『Deep city traveler』の収録曲「The Song of Life」が、TBSのテレビ番組『世界遺産』のテーマ曲に起用される。番組開始以来反響を呼んで、それまでは裏方的な存在のスタジオ・ミュージシャンが一躍脚光を浴び、知られるようになった。「The Song of Life」は、ヒーリングコンピレーション・アルバム『image4』に収録された。同アルバムの発売を記念して行われたコンサート「live image」にアーティストとして参加している。
引用元:鳥山雄司 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%B1%E9%9B%84%E5%8F%B8