「阿曽山大噴火」裁判ウォッチャー


著書に『裁判大噴火』がある
裁判傍聴を趣味とする
大川興業所属のタレントは
◯◯◯大噴火?
浅士峰
富間岳
大曽山
阿曽山(答)
「阿曽山大噴火」
38%

阿曽山大噴火(あそざんだいふんか、1974年(昭和49年)9月27日 – )は、日本のお笑い芸人である。本名は阿曽 道昭(あそ みちあき)。2014年の御嶽山噴火以降、大規模な噴火の直後は、阿曽ちゃん、阿曽さんという名義でメディアに出演することがある。

>山形県山形市出身。大川興業所属。千代田工科芸術専門学校卒業。芸名は本名の姓をもじったもので、決して「阿蘇山大噴火」ではない。本来の職業は芸人であるが、「裁判ウォッチャー」と言われることが多い。テレビの仕事は「裁判ウォッチャー」としての仕事がほとんどとなっている。
引用元:阿曽山大噴火 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E6%9B%BD%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E5%99%B4%E7%81%AB


世にもおかしな仰天法廷劇の数々! 大川興業所属「日本一の裁判傍聴マニア」が信じられない珍妙奇天烈な爆笑法廷を大公開! 石原裕次郎の弟を自称する窃盗犯や極刑を望む痴漢など、報道のリアルな裏側。

著者
阿曽山大噴火 (アソザンダイフンカ)
1974年、山形県生まれ。大川豊興業所属。オウム裁判をきっかけにすでに通った法廷は1万回近くに及ぶ。。週5日は東京地裁に出没、その成果をテレビ・ラジオ・ウェブサイト・雑誌等で発信。ファッションも独自で異彩を放つ。
引用元:裁判狂時代 :阿曽山大噴火|河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309408330/

霞っ子クラブ(かすみっこクラブ)は、高橋ユキ・多岐川美伎・長谷川零・加賀見はる子が2005年に結成した女性法廷傍聴グループ。名前の由来は東京高等裁判所が所在する霞が関から。

マスメディアの報道について不信感や物足りなさを感じた高橋が事件の詳細を直接知りたいと考え、裁判所に通い、傍聴を始めたのがきっかけ。その後、高橋が裁判所に通ううちに他の傍聴人と親しくなり、高橋1人ではフォローしきれない裁判の情報を集めるため仲間たちと霞っ子クラブを結成したとのこと。当初、活動はホームページに傍聴記を書くことがメインだったが、好評を得たため傍聴記を出版するにいたった。
2006年12月に多岐川と加賀見が脱退し、現在は高橋と長谷川が活動を続けている。
2009年6月1日の公式ブログで、ブログ更新終了、活動停止を表明した。
引用元:霞っ子クラブ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%9E%E3%81%A3%E5%AD%90%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96