『小さな恋のメロディ』トレーシー・ハイド ワリス・フセイン監督


監督はワリス・フセイン
少年と少女の恋
ヒロインはトレーシー・ハイド
主演はマーク・レスター
『リトル・ロマンス』
『小さな恋のメロディ』(答)
『フレンズ』
『ジェレミー』
50%


監督はルイス・ギルバート
ポールとミシェルの恋 
子育てをする少年と少女 
主演はアニセー・アルビナ
『フレンズ』(答)


映画『小さな恋のメロディ』の
主題歌になったビージーズの曲は
『メロディ・◯◯◯』?
◯を答えなさい
フェア(答)
『メロディ・フェア』

『小さな恋のメロディ』(原題: Melody, または S.W.A.L.K )は、1971年のイギリス映画。後にハリウッドで監督として成功したアラン・パーカーの処女作である。少年少女の恋を瑞々しく描き、本国とアメリカではヒットしなかったが、同じく1971年に公開された日本では大ヒットした。
「メロディ」は映画のタイトル(原題)でもあり、ヒロインの名前でもある。

>公開・反響[編集]
アメリカでの公開は英国公開に先立つが、ヒットにはならなかった。イギリスでは散々叩かれた。デビッドとアランを救ったのは、『小さな恋のメロディ』と題された日本での大ヒットだった。日本での人気は非常に根強く、定期的にオリジナル・サウンドトラック盤が欠かさず生産され続けている。また、2010年開催の「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」上映作品選定の参考のため、2009年10月に一般から募った投票では、第8位となる人気をみせ[3]、2015年開催の「第三回 新・午前十時の映画祭」ではラインナップに加えられた。
サウンドトラック[編集]
ビー・ジーズの歌が全編を流れ、とりわけテーマ曲「メロディ・フェア」を含むサウンドトラック盤は日本で大ヒットした。サウンドトラックがCD化されているのは日本のみである。
引用元:小さな恋のメロディ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E6%81%8B%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3