「アカデミー主演男優賞」ニコラス・ケイジ、ショーン・ペン、ジョン・ボイト


次のうち
アカデミー主演男優賞を
受賞した俳優を全て選びなさい
ニコラス・ケイジ(答)『リービング・ラスベガス』1996
ショーン・ペン(答)『ミスティック・リバー』2004『ミルク』2009
ジョン・ボイト(答)『帰郷』1979
ユル・ブリンナー(答)『王様と私』1957
チャールトン・ヘストン(答)『ベン・ハー』1960
ジョン・ウェイン(答)『勇気ある追跡』1970
22%


ニコラス・ケイジがアカデミー
主演男優賞を受賞した映画は
『リービング・ラスベガス』
である
◯(答)
×『ハネムーン・イン・ベガス』


俳優のトム・ハンクスが
アカデミー主演男優賞を受賞した
映画を1つ答えなさい
フィラデルフィア(答)
フォレストガンプ(答)


ハンフリー・ボガートは
映画『カサブランカ』で
アカデミー主演男優賞を
受賞している
×(答)
◯『アフリカの女王』


ハンフリー・ボガート主演の
映画『アフリカの女王』に
登場する「アフリカの女王」
とは何の名前?
蒸気船(答)

お酒
宝石

アカデミー主演男優賞(アカデミーしゅえんだんゆうしょう、Academy Award for Best Actor)は、アカデミー賞の部門のひとつ。
最年少受賞者はエイドリアン・ブロディの29歳、最年少候補者はジャッキー・クーパーの9歳。最年長受賞者は、ヘンリー・フォンダの76歳、最年長候補者はリチャード・ファーンズワースの79歳。
最多受賞者は3回受賞のダニエル・デイ=ルイス。2回受賞経験者はスペンサー・トレイシー、フレドリック・マーチ、ゲイリー・クーパー、ダスティン・ホフマン、トム・ハンクス、ジャック・ニコルソン(助演男優賞も1回受賞している)、ショーン・ペンの7人。なおマーロン・ブランドも2度受賞したが、2度目の受賞を辞退している。最多候補者はスペンサー・トレイシー、ローレンス・オリヴィエの9回。
ピーター・フィンチは死後に受賞。また、ジェームズ・ディーン、スペンサー・トレイシー、マッシモ・トロイージも死後にノミネートされた。
非白人(黒人)として、初めて受賞したのはシドニー・ポワチエ。
引用元:アカデミー主演男優賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%BC%E4%B8%BB%E6%BC%94%E7%94%B7%E5%84%AA%E8%B3%9E

ニコラス・ケイジ(英: Nicolas Cage, 1964年1月7日- )は、アメリカ合衆国の俳優であり、映画監督、映画製作者。本名、ニコラス・キム・コッポラ(Nicolas Kim Coppola)。

1981年に『初体験/リッジモント・ハイ』でニコラス・コッポラとしてデビューする。その後、現在の芸名に変更した。芸名の「ケイジ」の由来はマーベル・コミック社のコミック「パワーマン」の主人公ルーク・ケイジから。若い頃はコッポラ監督の甥と呼ばれることを嫌がっていた。オーディションを受けても、製作者たちの浴びせる質問は彼についてではなく、叔父フランシスのことばかりだったという。本名のコッポラを名乗らず、あえて“ケイジ”の芸名を使うことにしたのも、そのためと言われている。
1995年の『リービング・ラスベガス』でアカデミー主演男優賞を受賞。オスカー受賞後は、芸術的な映画に留まらず、大作映画にも積極的に出演した。同業のショーン・ペンはケイジの大作映画出演をいぶかしく思っていると発言した[1]。
引用元:ニコラス・ケイジ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%B8

ショーン・ジャスティン・ペン(Sean Justin Penn, 1960年8月17日 – )は、アメリカ合衆国の俳優、映画監督。

世界三大映画祭(ヴェネツィア、カンヌ、ベルリン)の主演男優賞を全て受賞し、ヴェネツィアでは2度も受賞するなど、国際的にも非常に評価が高い名優である。2003年公開のクリント・イーストウッド監督作品『ミスティック・リバー』でアカデミー主演男優賞を受賞した。また、2008年公開のハーヴェイ・ミルクを演じた『ミルク』でもアカデミー主演男優賞を受賞した。

引用元:ショーン・ペン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%B3

ジョナサン・ヴィンセント・”ジョン”・ヴォイト(Jonathan Vincent “Jon” Voight、1938年12月29日 – )は、アメリカ合衆国の俳優。1969年に出演した『真夜中のカーボーイ』で知名度を上げ、1978年の『帰郷』でアカデミー主演男優賞を受賞、現在までベテラン俳優として活躍している。ほかにハリウッドでは少数派の共和党支持者としても著名である。
前妻は女優ラウリ・ピータース(英語版)、後妻は女優ミシェリーヌ・ベルトラン、長女は女優アンジェリーナ・ジョリー、長男は俳優ジェームズ・ヘイヴン(英語版)という役者一家であるほか、父エルマー・ヴォイトはプロゴルファー、兄のバリー・ヴォイトは地質学者、弟のジェームズ・ウェズレー・ヴォイト(英語版)は歌手・作詞家としてそれぞれ知られている。
引用元:ジョン・ヴォイト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%83%88