『Love Story』中山美穂と豊川悦司『すてきな片想い』柳葉敏郎



ドラマ『Love Story』で
中山美穂演じる主人公と恋仲
になる男性を演じた俳優は
豊川悦司ですが

ドラマ『すてきな片想い』で
中山美穂演じる主人公と恋仲
になる男性を演じた俳優は?
柳葉敏郎(答)
高橋克典
木村拓哉
豊川悦司
46%

『Love Story』(ラブストーリー)は、2001年4月15日より6月24日まで毎週日曜日21:00 – 21:54に、TBS系列の「東芝日曜劇場」枠で放送されていた日本のテレビドラマである。主演は中山美穂と豊川悦司。
次回作『恋がしたい恋がしたい恋がしたい』以降はハイビジョン制作となったため、日曜劇場シリーズ最後の非ハイビジョン制作でもある。

>北川悦吏子脚本による恋愛ドラマ。スランプに陥り、もう2年間も新作を発表していない恋愛小説家の永瀬康(豊川悦司)と、その担当者となった契約編集者の須藤美咲(中山美穂)を軸に、香取慎吾、優香、加藤晴彦、畑野浩子らが絡んでの物語が展開する。
引用元:Love Story (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Love_Story_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『すてきな片想い』(すてきなかたおもい)は、1990年10月15日より12月17日まで毎週月曜日21:00 – 21:54に、フジテレビ系列の「月9」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は中山美穂。全10回。
フジテレビ50周年記念DVDの企画「中山美穂恋ドラDVDコレクション」として、2009年12月2日にポニーキャニオンよりDVD-BOXが発売された。

>このドラマのテーマは、「切ない恋」。海苔問屋「大黒海苔店 代々木営業所」に勤務する地味なOL・与田圭子が、小さなおもちゃメーカー「BANBI」勤務のサラリーマン野茂俊平と相思相愛になるまでを描く、コメディタッチのせつない純愛ストーリー。
脚本家・野島伸司の初期の作品としても知られている。
フジテレビはこの時期の月9ドラマ「すてきな片想い」、1991年1月 – 3月の「東京ラブストーリー」(脚本:坂元裕二)、1991年7月1日 – 1991年9月16日の「101回目のプロポーズ」(脚本:野島伸司)を「純愛三部作」と名付けた。後の二作に比べて爆発的にヒットしたわけではないが、平均視聴率21.8%、最高視聴率26.0%を記録し、この年の民放の連続ドラマの最高視聴率ランキングでは水戸黄門・第19部に次いで2位となった。
引用元:すてきな片想い (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%AA%E7%89%87%E6%83%B3%E3%81%84_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)