「栗原小巻」コマキスト



「サユリスト」といえば
女優の吉永小百合の
ファンのことですが

「コマキスト」といえば
女優の◯◯小巻の
ファンのこと?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
くりはら(答)
「栗原小巻」
53%

栗原 小巻(くりはら こまき、1945年3月14日[1] – )は、日本の女優。本名同じ。東京都世田谷区出身。父は劇作家の栗原一登[1]。

>映画では、高橋治監督の『ゴメスの名はゴメス』(1967年)で初出演。1972年の『忍ぶ川』は代表作の1つで、加藤剛相手に大胆なベッドシーンを見せたことで有名(毎日映画コンクール女優演技賞)。1970年代には『戦争と人間』『いのちぼうにふろう』『サンダカン八番娼館 望郷』『八甲田山』と出演を重ねた。『男はつらいよ』シリーズでは、『新・男はつらいよ』『柴又より愛をこめて』にてマドンナ役を演じている。

>玄人受けする演技力と現代的美貌から熱狂的な男性ファンが多く、吉永小百合ファンが「サユリスト」と呼ばれたのに対し、栗原小巻ファンは「コマキスト」と呼ばれた(奇しくも吉永とは生年月日が1日違い)。アイドル的存在として人気を二分したが、中年以降、吉永が映画を主軸に据えているのに対し、栗原は舞台を主軸としている[1]。
引用元:栗原小巻 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%97%E5%8E%9F%E5%B0%8F%E5%B7%BB