「プペダンサント」榎本健一らが所属した劇団「Poupée dansante」仏語「踊る人形」 古川ロッパ『笑の王国』「声帯模写」ロイド眼鏡

021jgBCRNDCWE
1930年に浅草で結成された
喜劇王・榎本健一を中心に活躍
したレビュー団の名前は?
ンペンダトプサ
プペダンサント(答)
Poupée dansante

CIMG5936
昭和のコメディアン
劇団『笑の王国』を旗揚げ
ロイド眼鏡がトレードマーク
「声帯模写」という言葉を考案
古川ロッパ(答)
清水金一
徳川夢声
トニー谷


昭和のコメディアン
映画で森の石松、孫悟空を熱演
カジノ・フォーリーで活躍
愛称はエノケン
→榎本健一

連想
昭和のコメディアン
博物館明治村の初代館長
ラジオ番組『話の泉』に出演
漫談家、弁士として活躍
→徳川夢声

連想
昭和のコメディアン
堺駿二とのコンビで活躍
「ハッ倒すぞ!」は流行語に
愛称はシミキン
→清水金一

榎本 健一(えのもと けんいち、1904年10月11日 – 1970年1月7日)は、日本の俳優、歌手、コメディアンである。当初は浅草を拠点としていたが、エノケンの愛称で広く全国に知られていった。「日本の喜劇王」とも呼ばれ、第二次世界大戦期前後の日本で活躍した。
>東亜キネマ京都撮影所、中根龍太郎喜劇プロダクションの端役俳優を経て、1929年(昭和4年)、古巣浅草に戻り「カジノ・フォーリー」を旗揚げするがほどなく解散、エノケンのいない第二次カジノが隆盛をみた。
その後、「プペ・ダンサント」を経て、ジャズシンガーの二村定一と二人座長となった「ピエル・ブリヤント」を旗揚げ。座付作家に菊谷栄、俳優陣には、中村是好、武智豊子、師匠である柳田貞一らを抱え、これが後に「エノケン一座」となる。
>一方、東宝[要出典]は、映画雑誌編集者であった古川ロッパの声帯模写などの素人芸に目を付け、トーキーの進出で活躍の場を失っていた活動弁士の徳川夢声や生駒雷遊らと「笑の王国」を旗揚げさせ、有楽座で主に学生などインテリ層をターゲットとしたモダンな喜劇の公演を旗揚げし、「下町のエノケン、丸の内のロッパ」と並び称せられ、軽演劇における人気を二分した。
引用元: 榎本健一 – Wikipedia.

プペ・ダンサント(仏語Poupée dansante、「踊る人形」の意)は、かつて存在した日本の軽演劇の劇団である。
>同日のオープンと同時に旗揚げしたのが、この「プペ・ダンサント」である。「Poupée dansante」とは、フランス語で「踊る人形」の意、伊庭孝が命名した。
>榎本健一はその後、翌1931年(昭和6年)11月に二村定一、武智豊子とともに脱退、翌月の同年12月、「浅草オペラ館」に、二村との2人座長の新しい劇団「ピエル・ブリヤント」を結成した。同じころ、支配人の佐々木千里が玉木座を退職し、淀橋区角筈(現在の新宿区新宿3丁目)に同年12月31日、劇場および劇団「ムーランルージュ新宿座」を開いた。
引用元: プペ・ダンサント – Wikipedia.

僕の手元にあるプペダンサントのパンフレットは昭和6年2月3月のもので、文芸部にはサトウハチローと菊田一夫、舞台装置に菊谷栄の名前がある。
支配人は昭和6年12月31日にムーランルージュ新宿座を立ち上げる佐々木千里であり、この当時のプペダンサントは出演者のみならず、裏方や表方にも喜劇史・軽演劇史に名を残す才人が揃っていたことになる。
引用元: 【西条昇の軽演劇コレクション】浅草・玉木座、プペダンサント(エノケン出演)のパンフレット:西条昇ブログ お笑いエンタメ人生!:So-netブログ.