『御法度』大島渚遺作


2013年1月に亡くなった
大島渚監督の遺作となった
映画は『◯◯◯』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ごはっと(答)
『御法度』
41%

『御法度』(ごはっと、英題:Taboo)は、1999年に公開された日本映画。大島渚監督。司馬遼太郎の短編小説集『新選組血風録』収録の「前髪の惣三郎」と「三条磧乱刃」が原作。幕末の京都を舞台に、新選組を男色の視点から描いた時代劇である。
大島渚の13年ぶりのメガホン、映画『戦場のメリークリスマス』 以来となる監督・大島渚、主演・ビートたけし、音楽・坂本龍一のトリオ復活、松田優作の息子松田龍平の初出演などで話題となった。
大島渚の遺作となった。
第9回淀川長治賞受賞。第1回文化庁優秀映画賞受賞。

>架空のストーリーであるが、近藤勇の元治元年(1864年)5月20日の書簡に、隊内で男色が流行したと記されている。また衆道の話ではないが、島原通いで粛清された加納惣三郎という実在の確認できない隊士の逸話が残っており、司馬遼太郎はこれらの話に着想を得ている。

>考証面では、新選組物では定番になっている浅葱色のダンダラ模様の隊服を用いず、ワダ・エミがデザイン。この黒の隊服の設定は映画版 『壬生義士伝』(2003年)でも用いられた。(実際、新撰組は浅葱色の隊服ではなく、黒の隊服を使用していた。)また太夫の衣装も元来太夫でさらに花魁となると細かいデザインで明るい着物を着用するが(夜であるため、灯りが少ないことと、細かいデザインほど高価な着物となるため。)黒を基調としており、統一感のある美を演出している。奇抜なホモセクシュアル映画と看做されることもあるが、この作品は司馬の原作を生かしながら、映画としての独創も盛り込み手堅い時代劇になっている。この作品がデビュー作となった松田龍平は、高く評価されてこの年の新人賞を総なめし、以後、映画とテレビドラマで活躍している。
引用元:御法度 (映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E6%B3%95%E5%BA%A6_(%E6%98%A0%E7%94%BB)
引用元:御法度 (映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E6%B3%95%E5%BA%A6_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

誰もが知る新撰組の世界を、大島監督がまったく新しい解釈で綴った異色時代劇。厳しい戒律によって結束を固めてきた新撰組に、ある日妖しい美貌の少年が入隊したことから起こる隊士たちの騒動を描いた時代絵巻。匂い立つような男の殺気と色気、愛と闘いをドラマティックに美しく描きあげる。隊士を惑わす主役の美剣士役には、故・松田優作の長男・松田龍平を大抜擢し、豪華キャストが脇を固める。また、ワダエミ手がける衣装の斬新さ、夜間の殺陣シーンの美しさなど見所も多い。
引用元:御法度 : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/12617/