埼玉県川口市『キューポラのある街』


1962年に公開された
吉永小百合の映画
『キューポラのある街』の
舞台である都道府県は?
埼玉県をタッチ(答)
55%



タイピング
(画像問題:鉄製の煙突の先端のような画像)
吉永小百合主演、浦山桐郎監督の
映画のタイトルにも使われました
キューポラ(答)

タイピング
吉永小百合主演で映画化された小説『キューポラのある街』の作者は◯◯ちよ?
はやふね(答)
「早船ちよ」


映画『キューポラのある街』や『青春の門』の監督です
浦山桐郎
うらやまきりお(答)


女優の吉永小百合が初めてキス
シーンを演じた1961年公開の映画
は『◯◯が俺を追いかける』?
○の漢字をひらがなで答えなさい
てんし(答)
『天使が俺を追いかける』
引用元:猿野天国(あまくに)『Mr.FULLSWING』 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/33003/

『キューポラのある街』(キューポラのあるまち)は、早船ちよの小説で、1962年(昭和37年)4月8日に公開された浦山桐郎監督の日本映画である。上映時間は99分。

>昭和34年(1959年)から1年間、雑誌『母と子』に連載され、昭和36年(1961年)に弥生書房で単行本化され、昭和37年(1962年)に日本児童文学者協会賞を受賞[1]した。財団法人大阪国際児童文学館(現・大阪府立中央図書館国際児童文学館)の「日本の子どもの本100選」に一つとなった[1]。
鋳物の街でキューポラ(鉄の溶解炉)が多く見られた埼玉県川口市を舞台とした青春ドラマ。主人公ジュン(吉永小百合)の周りで起こる貧困や親子問題、民族、友情、性など多くのエピソードを描いている。
引用元:キューポラのある街 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%A9%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E8%A1%97

キューポラ(cupola)

《「キュポラ」とも》
1 丸天井。円蓋(えんがい)。ドーム。
2 屋根の上に設けた小塔。
3 鋳物製造で、銑鉄(せんてつ)を溶かすのに用いる円筒形の直立炉。溶銑(ようせん)炉。
引用元:キューポラ(キューポラ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%A9-477369