『もうひとつのJリーグ』



Jリーグ元年の1993年に放映
された、大鶴義丹主演による
サッカードラマは『オレたちの
オーレ』ですが

榊原利彦主演のサッカードラマは
『◯◯◯◯◯のJリーグ』?
◯を答えなさい
もうひとつ(答)
『もうひとつのJリーグ』
49%

『もうひとつのJリーグ』は、日本テレビで1993年10月22日から12月3日まで毎週金曜日の20:00 – 20:54に放送された日本のテレビドラマである。

>1993年に発足した日本のプロサッカー・Jリーグをドラマ化したもので、サテライトリーグに参加する架空のチーム「東京セインツ」の選手たちの青春を描いている。ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)の全面協力により制作された。
実際にサッカーをプレーすることができるタレントをオーディションにより採用し、ヴェルディ川崎に所属していた永井秀樹や阿部良則らを登場させるなどのプロの世界の「本物らしさ」を演出しようと試みられたが[1]、その内容は1960年代から1970年代に流行した青春ドラマに少女漫画の要素を加えたものである、と指摘された[2]。当初、全11話の放送が予定されていたが[2]、視聴率の低迷と11月下旬にバレーボールのワールドグランドチャンピオンズカップの放送のため2週間にわたって番組が休止し、再開直後の5話で打ち切りとなった。
引用元:もうひとつのJリーグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%81%86%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%AEJ%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0

『オレたちのオーレ!』は、1993年10月14日から同年12月23日まで、毎日放送(MBS)を制作局として、TBS系列で放送された日本のテレビドラマである。放送時間は、毎週木曜20:00 – 20:54(JST)。全11話。

>サッカーを題材としたコメディタッチの作品で、同年のJリーグブームを反映して10月の番組改編期に合わせて企画された[1]。サッカーの要素だけでなく地域おこしや、それを通じた人間模様が描かれたほか、「陽気で軟派」「サッカーに熱狂する国民性」「露出度の高い女性」などといった日本人がブラジルやラテン系にもつステレオタイプのイメージがそのまま描かれた[1]。人気番組『ダウトをさがせ!』の放送を終了してまで企画・開始したもので、半年間の放送を予定していたが[1]、視聴率が低迷したため全11話で打ち切りとなった。
引用元:オレたちのオーレ! – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AC!