内田伽羅(きゃら)


雑誌のモデルや映画の子役俳優
として活動している、俳優・
本木雅弘の長女は「内田◯◯」?
◯の名前をひらがなで答えなさい
きゃら(答)
「内田伽羅」
38%

内田 伽羅(うちだ きゃら[1]、1999年9月16日[2][3] – )は、日本の女優。東京都出身[3]。父は本木雅弘[2][4][5]、母は内田也哉子[2][5]、祖父は内田裕也[5]、祖母は樹木希林[1][2][4][5]。2015年現在、イギリスに留学中で、学業を中心としている[2]。

>2011年には是枝裕和監督の映画『奇跡』に出演し、高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞した[8]。オーディションへの出場を勧めたのはこの映画で共演を果たした祖母の樹木であり、両親はむしろ女優としての活動は時期尚早と考えていたという[5][9][10]。その後、小学校卒業をもって渡英し、ロンドン郊外の女子校で寮生活を送りながら学業に努めている[1]。
2015年、映画『あん』で樹木と2度目の共演を果たす[4]。ただし前回の共演では直接演技で絡むシーンはなかったので、事実上の初共演である[5]。オーディションは樹木が薦め、両親からは「豊かな人生経験になるといいね」と送り出された[2]。
引用元:内田伽羅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E7%94%B0%E4%BC%BD%E7%BE%85

内田 也哉子(うちだ ややこ、1976年2月11日 – )は、日本のエッセイスト、歌手、女優。東京都出身。父は内田裕也、母は樹木希林。夫は本木雅弘(1995年 – 結婚)。1997年に長男・雅楽(うた)、1999年に長女・伽羅(きゃら)、2010年次男・玄兎(げんと)を出産。
引用元:内田也哉子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E7%94%B0%E4%B9%9F%E5%93%89%E5%AD%90

沈香は、代表的な香木の一つ。
東南アジアに生息するジンチョウゲ科ジンコウ属(学名:アクイラリア・アガローチャ Aquilaria agallocha)の植物である沈香木などが、風雨や病気・害虫などによって自分の木部を侵されたとき、その防御策としてダメージ部の内部に樹脂を分泌、蓄積したものを乾燥させ、木部を削り取ったものである。原木は、比重が0.4と非常に軽いが、樹脂が沈着することで比重が増し、水に沈むようになる。これが「沈水」の由来となっている。幹、花、葉ともに無香であるが、熱することで独特の芳香を放ち、同じ木から採取したものであっても微妙に香りが違うために、わずかな違いを利き分ける香道において、組香での利用に適している。
沈香は香りの種類、産地などを手がかりとして、いくつかの種類に分類される。その中で特に質の良いものは伽羅(きゃら)と呼ばれ、非常に貴重なものとして乱獲された事から、現在では、ワシントン条約の希少品目第二種に指定されている。
引用元:沈香 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%88%E9%A6%99

知恵蔵miniの解説
伽羅

ベトナムを主とした東南アジアで採れる、ジンチョウゲ科の常緑高木沈香(じんこう)から採取した香料「沈香」の中で最優品のこと。沈香の生木あるいは古木を土中に埋め、腐敗させて生産する。そのまま小さく割って焚くのが一般的だが、高級な線香の原料としても使用されている。貴重なものとして乱獲されたことから、現在では、絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引を管理・規制する国際条約「ワシントン条約」の希少品目第2種に指定されており、許可がないと日本国内に輸入できない。2014年7月、伽羅は今後も価格が上昇することが期待されるため、中国人が私有財産の投資先として目をつけ、買い占めたことにより価格が急騰。伽羅の主な需要先である日本の寺社が困惑していることが報道され、話題となった。
(2014-8-4)
引用元:伽羅(きゃら)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BC%BD%E7%BE%85-51837