清水脩『修禅寺物語』『セロ弾きのゴーシュ』


オペラ『セロ弾きのゴーシュ』
オペラ『吉四六昇天』
オペラ『修禅寺物語』
「日本合唱音楽の父」
清水脩(答)
伊福部昭
武満徹
大栗裕
28%


オペラ『赤い陣羽織』
オペラ『夫婦善哉』
オペラ『地獄変』
愛称は「浪速のバルトーク」
大栗裕(答)
おおぐりひろし

連想
『弦楽のためのレクイエム』
『鳥は星形の庭に降りる』
『遠い呼び声の彼方へ!』
『ノベンバー・ステップス』
武満徹(答)

連想
舞踊組曲『蜘蛛の糸』
弦楽のための三楽章
交響管弦楽のための音楽
オペラ『ヒロシマのオルフェ』
芥川也寸志(答)

連想
『シンフォニック・ムード』
『曼荼羅交響曲』
『涅槃交響曲』
オペラ『金閣寺』
黛敏郎(答)

010yXlLEXu
源頼朝を主人公とした
1911年発表の戯曲
『修禅寺物語』の作者は?
野村胡堂
藤森成吉
長谷川伸
岡本綺堂(答)

線結び
次の作曲家とオペラの正しい組み合わせを選びなさい
清水脩 ―――― 修善寺物語
松平頼則 ――― 源氏物語
芥川也寸志 ―― ヒロシマのオルフェ
團伊玖磨 ――― 夕鶴
引用元:『修禅寺物語』岡本綺堂 「大谷洌子」おおたにきよこ 木下順二『夕鶴』つう役 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/19542/

清水 脩(しみず おさむ、1911年11月4日 – 1986年10月29日)は、日本の作曲家。カワイ楽譜(現・カワイ出版)元社長。大阪府大阪市天王寺区出身。

>第二次世界大戦後の日本の作曲界の隆盛に尽力し、顕著な業績を残した。真宗大谷派寺院に生まれ、父が舞楽を行っていたという環境から、日本の音楽に積極的に関心を示し、邦楽器のための作品を数多く残した。また、オペラや合唱にも力を注いだ。清水が残したオペラ、オペレッタは15作、合唱曲は400曲以上に及び、「蓮如」「樹下燦々」などの仏教讃歌もいくつか残している。特にオペラ「修善寺物語」はスタンダードレパートリーとなっており、2009年に新国立劇場で外山雄三指揮(若杉弘病気のため変更)、坂田藤十郎演出で上演されている。合唱の分野では、作曲や出版(後述)、合唱指揮のみならず、厚生音楽運動の推進および全日本合唱連盟の設立に関わっている。
引用元:清水脩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E8%84%A9