ナクソス島


キクラデス諸島で最も大きい
ギリシャの島で、神話では
アリアドネが置き去りにされた
ことで有名なのは◯◯◯◯島?
レクソス
ナトモニ
ローボラ
ナクソス(答)
30%


歌劇『ナクソス島のアリアドネ』
に登場する踊り子です
ツェルビネッタ(答)

ナクソス島 (ギリシア語: Νάξος / Naxos、イタリア語: Nasso、トルコ語: Nakşa) は、エーゲ海中部・キクラデス諸島に属するギリシャ領の島。キクラデス諸島中最大の島(面積428km2)で、島の総人口は1万8188人(2001年)。

>トロイ戦争以前といわれる伝説がある。英雄テーセウスは、クレタ島のラビュリントスから彼を救い出し、ミーノータウロスに殺される運命だった彼を救った恩人のアリアドネーを、この島に置き去りにしたのである。祝祭と酒の神ディオニューソスは島の守護者であり、アリアドネーと出会って恋に落ちた。しかしすぐにアリアドネーは、テーセウスとの別離に耐えられず、自殺したか天へ召されたという。ナクソスは、アリアドネの伝説を参考にしたリヒャルト・シュトラウスのオペラ『ナクソス島のアリアドネ』のナクソスである。
引用元:ナクソス島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%B9%E5%B3%B6

『ナクソス島のアリアドネ』 (Ariadne auf Naxos) 作品60は、リヒャルト・シュトラウス作曲、フーゴ・フォン・ホフマンスタール台本によるオペラ。

>1911年から1912年にかけて、モリエールの戯曲『町人貴族』の劇中劇として書かれ、シュトゥットガルトで作曲者指揮により初演された。しかしながら不評に終わったため、台本、音楽をともに改訂し、劇中劇から独立した1幕オペラとして、1916年10月4日に、ウィーン宮廷歌劇場にてフランツ・シャルクによって初演された。現在は通常、この改訂版が上演される。
『サロメ』、『エレクトラ』など、リヒャルト・シュトラウスが手がけたオペラ作品は、そのほとんどが大管弦楽を駆使した強烈な響きをもつが、そうした中で、本作は36人編成という小オーケストラによる異色の存在である。ただし、通常の古典派2管編成ではなく、鍵盤楽器、打楽器、ハープが多用されるほか、ヴァイオリンが2群に分けられていない点が特徴である。
なお、改訂版においてもモリエールの『町人貴族』の劇中劇という設定が残っており、この趣向により、3人の女声の役柄を替えての聴き比べが魅力のひとつとなっている。
引用元:ナクソス島のアリアドネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%B9%E5%B3%B6%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%8D

レスボス島(レスボスとう、Λέσβος / Lesvos ; 英: Lesbos、レスヴォス島とも)は、エーゲ海の北東部、トルコ沿岸に位置するギリシア領の島である。最大の都市ミティリニ(トルコ語名: ミディッリ)から、ミティリニ島(Μυτιλήνη / Mytilini) あるいは ミディッリ島(Midilli Adası)ともよばれる。
全域がレスボスジオパークとして、2000年からヨーロッパジオパークネットワークに、2004年から世界ジオパークネットワークに加盟認定されている。[1]
引用元:レスボス島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%82%B9%E5%B3%B6