『高台(こうだい)家の人々』妄想女子とテレパス王子


2016年6月に綾瀬はるか主演で
映画化された、森本梢子の漫画は
『◯◯家の人々』?
大瀬
高台
初田
高台(答)
『高台家(こうだいけ)の人々』
26%

『高台家の人々』(こうだいけのひとびと)は、森本梢子による日本の漫画。『YOU』(集英社)にて、2012年12月号に序章掲載後、2013年3月号より連載されている。単行本は2016年5月現在、5巻まで刊行中。2016年に映画化作品が公開。

あらすじ[編集]
平野木絵は30歳になったばかりの地味めなOL。趣味は妄想。そんな時に、イケメン社員・高台光正が転勤してくる。実は光正は人の心が読めるテレパスだった。光正は木絵の妄想と人柄に惹かれ、2人は付き合うことに。婚約にたどり着き、幸せの絶頂にいる木絵だったが、光正が海外に行っている間に、光正の母・由布子から呼び出しを受けると、彼女は木絵を品定め、容姿も平凡で、教養や品格が足りない木絵に「結婚はあきらめてください」と宣言。危機を救うため、イギリスから祖母・アンが帰国し、巧妙な話術により由布子は宣言を撤回、木絵を嫁として教育し始める。
引用元:高台家の人々 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%8F%B0%E5%AE%B6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%80%85

「ごくせん」「デカワンコ」の森本梢子による人気ラブコメディ漫画を綾瀬はるか&斎藤工の共演で映画化。趣味と特技が妄想という地味で冴えないOL・木絵の勤める会社に、名家・高台家の長男・高台光正が転勤してきた。光正には、高台家に代々引き継がれている、人の心を読むテレパシー能力が備わっており、馬鹿馬鹿しくも楽しい妄想をする木絵と過ごす時間は、光正にとって癒しの時間となっていく。木絵の純粋な心に光正は次第に惹かれ、順調な関係を続ける木絵と光正だったが、木絵の前に「高台家」の存在が大きく立ちはだかる。主人公・木絵役を綾瀬が演じ、光正役で斎藤が共演。水原希子、間宮祥太朗、大地真央、市村正親らが脇を固める。監督は「映画 謎解きはディナーのあとで」の土方政人。
引用元:高台家の人々 : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/83447/


妄想が趣味の地味系女子・平野木絵はニューヨーク支社からやって来た超イケメン社員・高台光正に突然食事に誘われ驚く。
実は光正には、ある特殊な能力が!
それは光正の妹と弟にも──ヒットメーカー森本梢子が放つ不可思議ラブ・コメディ!
引用元:◆[高台家の人々 1巻]コミックス詳細◆月刊YOU http://you.shueisha.co.jp/comics/978-4-08-845109-1.html

森本 梢子(もりもと こずえこ、2月27日生)は、日本の漫画家。熊本県熊本市出身。真和高等学校、佐賀大学教育学部卒業。血液型O型。女性。
1985年、『YOU増刊VIVID YOU』(集英社)掲載の『抱き寄せてプロポーズ』でデビュー。以後、『YOU』などで執筆。代表作に『研修医なな子』、『ごくせん』など。2007年6月、『週刊少年ジャンプ』において読み切り作品『必殺動物部』を掲載、初の少年誌での掲載となる。
引用元:森本梢子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%9C%AC%E6%A2%A2%E5%AD%90