『ブルー・マンデー』ニュー・オーダー


前身のバンドのボーカリスト
イアン・カーティスの自殺を
題材にした、イギリスのバンド
ニュー・オーダーのヒット曲は?
『ブルー・チューズデー』
『ブルー・フライデー』
『ブルー・マンデー』(答)
『ブルー・サタデー』
79%

「ブルー・マンデー」(Blue Monday)は、イギリスのニュー・ウェイヴ・バンドであるニュー・オーダーがリリースしたシングル。リリースは1983年。

>概要[ソースを編集]
前身のバンド、ジョイ・ディヴィジョンのヴォーカルであったイアン・カーティスの自殺を曲にしたもので、メンバーがその自殺を知った月曜日をギミックなリズムのトラックに乗せて、突然の死に際した心境が歌われている。バーナード・サムナーが、新しいオーバーハイム社製ドラムマシンをいじっているうちに思いついたという、16分で刻むイントロのバスドラムのパターンが非常に印象的である。まったく同じバスドラのパターンを使用した楽曲も存在する。『24アワー・パーティー・ピープル』内でその作曲風景が描かれているが、本来のブルー・マンデーとは対照的にギターサウンドである。また、ほとんどのシンセの音色はプリセットであったという。この曲が世界的にヒットしたことにより、ニュー・オーダーはクラブ・シーンをリードするグループとなった。ファクトリー・レコードのカタログ番号はFAC 73。全英チャート最高9位、米国”Club Play Singles”チャート最高5位。
ちなみにカップリング曲は「THE BEACH」でこの曲のインストゥルメンタル・ミックスである。
オリジナルアルバムでは米国盤の『権力の美学』のみに収録されており、またカップリングの「THE BEACH」も収録されている。
引用元:ブルー・マンデー (ニュー・オーダーの曲) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC_(%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%9B%B2)

ニュー・オーダー (New Order) は、マンチェスターにて結成されたイギリスのテクノロックバンド。ポストパンクの代表的なバンドの一つジョイ・ディヴィジョンを前身とする。
音楽性の特徴としてシンセサイザー、電子楽器などの最先端テクノロジーの技術を駆使したテクノ、エレクトロのサウンドに、クラブカルチャーをバンドで体現する生演奏のグルーヴが合わさったテクノとロックを自らの感性で融合させたハイパーなサウンドが展開されている。1983年のヒット曲『ブルーマンデー』や、ヒップホップにおける代表的なプロデューサーであったアーサー・ベイカーと組んだ『コンフュージョン』などの楽曲により、現在でも最も影響力のあるダンス・アクトの一つに数えられている[1]。
ツアー中の行動の破天荒さは、ハッピー・マンデーズのメンバーをして「正真正銘の24アワー・パーティー・ピープル」と言わしめるほどである。
2007年以降、事実上の解散状態にあったが、2012年2月にピーター・フック抜きで再結成したことを表明した[2]。
引用元:ニュー・オーダー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC