「ウラジミール・ホロヴィッツ」義父はトスカニーニ


イタリアの名指揮者
トスカニーニの娘婿にあたる
今は亡きピアニストは誰?
カーメン・キャバレロ
ウラジミール・ホロヴィッツ(答)
ユージン・イストミン
エマニュエル・アックス
49%


この題名のオペラで有名な
イタリアの作曲家は?
(道化師・クラウンの画像)
レカルロオンヴァ
レオンカヴァルロ(答)


イタリアのレオンカヴァルロ
が作曲したオペラです
道化師
どうけし(答)

トスカニーニ
とすかにーに
Arturo Toscanini
(1867―1957)

イタリアの指揮者。3月25日パルマに生まれる。パルマとミラノの音楽院で主としてチェロを学ぶ。1886年リオ・デ・ジャネイロでオペラ『アイーダ』の指揮に急に起用されながらも成功を収め、指揮に転じ、同年トリノでカタラーニのオペラ『エドメア』でイタリア・デビューした。以来イタリア各地でオペラ指揮者として活動、92年レオンカバッロの『道化師』、96年プッチーニの『ボエーム』を初演、名声を高めた。1898~1908年ミラノ・スカラ座音楽監督。08~15年ニューヨークのメトロポリタン歌劇場指揮者を務め、同歌劇場の黄金時代を築く。その間の10年にはプッチーニの『西部の娘』を初演している。13年コンサートに進出し、成功を博す。21~29年スカラ座に復帰、26年プッチーニの遺作『トゥーランドット』を初演した。29~36年ニューヨーク・フィルハーモニー常任指揮者。37年トスカニーニのためにニューヨークにNBC交響楽団が組織されて常任指揮者となり、54年の引退まで同交響楽団を率いてアメリカ楽壇のみならず、世界の楽壇に君臨した。57年1月16日ニューヨークに没。
引用元:トスカニーニ(トスカニーニ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%8B-105215

ウラディミール・サモイロヴィチ・ホロヴィッツ(Vladimir Samoilovich Horowitz、ヘブライ語: ולדימיר הורוביץ‎‎ [1]、1903年10月1日 – 1989年11月5日)は、ウクライナ生まれのアメリカのピアニストである。義父(妻の父)は名指揮者として知られるアルトゥーロ・トスカニーニ。

>指さばきの速さや難曲におけるミスタッチの少なさであれば、現代ではホロヴィッツ以上の技巧を持つピアニストは少なくない。しかしながら、一般の聴衆だけでなく実演に接したほとんどの評論家やピアニストも「ホロヴィッツの音は独特であった」と口を揃えて証言しており、ピアノを歌わせるという点で彼に比肩しうるピアニストを見出すことは困難である。
結果的に最後のレコーディングとなった小品集のレコーディング(「ザ・ラストレコーディング」として発売)を終えた4日後の1989年11月5日、自宅で食事中に急逝、ミラノにある義父トスカニーニの霊廟に共に埋葬された。
引用元:ウラディミール・ホロヴィッツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84

カーメン・キャバレロ(Carmen Cavallaro, 1913年5月6日 – 1989年10月12日)は、アメリカのピアニスト。ニューヨーク出身。イタリア系。
クラシックの演奏家を目指したが、ある時点から非常にポピュラー音楽に興味を持ち、転向した経緯があり、演奏基礎はクラシックにあった。クラシックからポピュラー・ミュージックまで幅広くこなした。ピアノ・タッチは豪快で、処狭しと細かい装飾音もまじえたもので、「キャバレロ・タッチ」と称される。和音と装飾音のリズムは目の前が開けるように華麗な演奏で、「煌びやかなホテルのロビーにいるよう」とも評された。
最初の大ヒット曲はショパン『英雄ポロネーズ』をポピュラー風に演奏した曲で(『ショパンのポロネーズ』として知られる)、レコードを聴くとキャバレロの演奏だとすぐに分かるような華麗な装飾音とリズムがあり、同時にショパンの味わいも醸し出していた。
引用元:カーメン・キャバレロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AD

ユージン・ジョージ・イストミン(Eugene George Istomin, 1925年11月26日 – 2003年10月10日)は20世紀を代表するアメリカ合衆国のピアニストである。

>一般には室内楽のピアニストとして名高く、アイザック・スターン・レナード・ローズらとのピアノ三重奏団(スターン・トリオ)や、スターンとのペアなどで多くの録音を残した。とりわけベートーヴェンやシューベルト、ブラームス作品の解釈は有名で、ベートーヴェンの録音は1970年にグラミー賞を受賞した。
引用元:ユージン・イストミン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%B3

エマニュエル・アックス(Emanuel Ax, 1949年6月8日 – )は、アメリカ合衆国のピアニスト。ユダヤ系ポーランド人。

>1972年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで7位、1974年にテルアヴィヴ・アルトゥール・ルービンシュタイン国際コンクールに優勝する。1979年にはニューヨーク・エイヴリー・フィッシャー賞を獲得する。
ピアニストの野崎洋子と結婚し、ニューヨークに在住。2児の父である。
引用元:エマニュエル・アックス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9