『かちどきと平和』山田耕筰


1912年に日本初の交響曲
『かちどきと平和』を
作曲したのは滝廉太郎である
×(答)
◯山田耕筰
60%

交響曲ヘ長調『勝鬨と平和』(かちどきとへいわ、今日では『かちどきと平和』と表記されることが多い)は、1912年に山田耕筰によって作曲された、日本で最初の交響曲である。
名称の由来は、初演直前に第一次世界大戦が勃発したためだといわれる。
ナクソスの『日本作曲家選輯』に収録され(演奏は湯浅卓雄指揮、アルスター管弦楽団による)話題となったが、これ以前からレコード・CD化はされていた。

作曲の経緯[編集]
日本人の手による最初の交響曲であり、同じく山田の作品である「序曲 ニ長調」につづいて、2番目の管弦楽曲である。
1912年11月8日にドイツのベルリンで、ベルリン高等音楽学校の卒業作品として完成された。
引用元:勝鬨と平和 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E9%AC%A8%E3%81%A8%E5%B9%B3%E5%92%8C