『メンフィス・ベル』


第二次世界大戦で爆撃機に
搭乗した若者たちを描いた
マシュー・モディン主演による
1991年公開の戦争映画は?
ンル・ィスフベメ
メンフィス・ベル(答)
68%

メンフィス・ベル(Memphis Belle)は、シリアル・ナンバー41-24485の「空の要塞」(Flying Fortress)B-17Fの愛称、又は1944年に製作されたアメリカ合衆国のドキュメンタリー映画(1944年4月5日公開)、ならびに同作品を元にして製作された1990年公開のイギリス映画のタイトル名である。
引用元:メンフィス・ベル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB

映画『メンフィス・ベル』は、第二次大戦中の美談を描いている。

 実話が、下敷きになっていると聞く。

 このメンフィス・ベルとは、戦時中、アメリカ陸軍航空軍に所属していた1機のB-17爆撃機につけられたニックネームである。イギリスにあった基地から飛び立ち、敵国ドイツを空襲する任務についていた。

>米軍の戦略爆撃は、当初、この映画で描かれるような白昼の精密爆撃であった。あくまで敵国の産業基盤や交通の要衝をピンポイントで狙ったのである。

 敵国の市街の住宅地を爆撃し、老若男女の一般市民を無差別に殺戮するような非道な真似を、米軍はしなかった。米軍は、日本陸海軍の重慶爆撃やナチスのコンドル軍団によるゲルニカ空襲、さらには同盟国であるイギリス王立空軍によるドイツ都市への無差別爆撃に対してさえ、つねに批判的であった(無論、大編隊が爆弾を湯水のように使う“数撃ちゃ当たる”戦法より、少数部隊が数発の爆弾で目標を過不足なく破壊する方が経済的だ、という打算もあったが)。

 映画『メンフィス・ベル』で描かれるのは、このアメリカの良心、このアメリカの正義である。

 たしかに、彼らの良心、彼らの正義は、見る者の胸に熱いものをこみ上げさせずにはおかない。実話だというこの美談にふれて、さわやかな感動にひたる。目がしらを熱くする。それこそが、この映画本来の鑑賞法であるには違いない。

 だが、映画で描かれた時代のわずか1年半後である1945年、すなわち大戦末期、アメリカは、その良心と正義を、捨てる。

 米軍もついに、無差別絨毯爆撃に手を染めるのである。

 その歴史的事実も知った上で、我々日本人は、映画『メンフィス・ベル』を鑑賞すべきだろう。
引用元:『メンフィス・ベル』という戦争美談について思う (シリーズ「珍説 歴シネマB」) – ザ・シネマ ブログ http://www.thecinema.jp/blog/2008/07/post-11.php

第2次世界大戦下の欧州戦線、伝説の米空軍の名機(メンフィス・ベル)に乗り組んだ10人の若者が力を合わせて任務を完了するまでを描くスペクタクル・ドラマ。製作はデヴィッド・パットナムとキャサリン・ワイラー、監督は「スキャンダル」のマイケル・ケイトン=ジョーンズ、脚本はモンテ・メリック、・撮影はデヴィッド・ワトキンが担当。出演はマシュー・モディン、エリック・ストルツほか。
引用元:メンフィス・ベル | 映画-Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv8961/