「浪漫亭ちっく」桂文枝の旧芸名 「ロマンチック」のもじり

019FSMTLMVmJl
落語家の桂文枝が、関西大学の
落語研究会時代に名乗っていた
芸名は「浪漫亭◯◯◯」?
◯を答えなさい
ちっく
「浪漫亭チック」

六代 桂 文枝(ろくだい かつら ぶんし、1943年7月16日 – )は、日本の落語家(上方噺家)、タレント、司会者、社団法人上方落語協会会長。上方落語の名跡『桂文枝』の当代で、前名は桂 三枝(かつら さんし)。本名は河村 静也(かわむら しずや)。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。師匠は桂小文枝(後の5代目桂文枝)。一般的に上方落語の世界では、単に「六代目」と言えば専ら6代目笑福亭松鶴を指すため「六代 桂 文枝」としている。
>関西大学夜間部時代には、3代目桂米朝落語を聴いたことで興味を持ち、創設間もない1964年の落研(通称落語大学)に一期生として入部(同期には浪漫亭呂蘭こと、元政治家の林省之介がいる)、ロマンチックをもじった「浪漫亭ちっく」の芸名で、アマチュア落語家として、ABCラジオの「漫才教室」に出演するなどで、大阪では早くも名の知れた存在になった。
引用元: 桂文枝 (6代目) – Wikipedia.