エルネスト・「ギロー」『ホフマン物語』補筆


オッフェンバックの未完のオペラ
『ホフマン物語』の補筆・完成
させたフランスの作曲家は
エルネスト・◯◯◯?
グノー
ギヨン
ビロア
ギロー(答)
「エルネスト・ギロー」
16%

エルネスト・ギロー(Ernest Guiraud, 1837年6月23日 – 1892年5月6日)はフランスの作曲家。

>ジョルジュ・ビゼーと親交があり、ビゼーの死後『アルルの女』第2組曲を編曲した。他にオッフェンバックの未完のオペラ『ホフマン物語』の補筆完成で知られるが、自身の作品は今日ではほとんど知られていない。
1892年、パリにて死去。
引用元:エルネスト・ギロー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%AD%E3%83%BC

『ホフマン物語』(ホフマンものがたり、Les Contes d’Hoffmann)は、フランスの作曲家ジャック・オッフェンバックの4幕の正式なオペラ(オリジナルは5幕7場)。ドイツ・ロマン派の詩人E.T.A.ホフマンの小説から3つの物語を用いて脚色したジュール・バルビエとミシェル・カレの同名の戯曲に基づいて、ジュール・バルビエ(Jules Barbier)が台本を書いた。1881年2月10日にパリのオペラ=コミック座で初演された。
主人公の詩人ホフマンが、歌う人形のオランピア、瀕死の歌姫アントーニア、ヴェネツィアの娼婦ジュリエッタと次々に恋に落ちるが何れも破綻するという内容。未完のまま作曲家が死去したこともあって数多くの版があり、謎の多い作品とされている。通常1回休憩を取る4幕または5幕で演奏されることが多い。ジュリエッタとの恋の場面で歌われる「ホフマンの舟歌」が有名だが、これは作曲者唯一のドイツ語オペレッタ「ラインの妖精」からの流用である。
近年、オッフェンバックの自筆稿が大量に発見され、1977年のエーザー版に続いて、1984年のケイ版、1993年のケック版、2005年のケイとケック版が続々発表されており、新しい版での上演が主流になりつつある。
引用元:ホフマン物語 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%B3%E7%89%A9%E8%AA%9E