「haderu」田村淳「dunch」桑折貴之


次のヴィジュアル系ロックバンド
「jealkb」のメンバーとその正体
である吉本興業のお笑い芸人の
正しい組み合わせを選びなさい
hideki───森本英樹
dunch───桑折貴之
haderu───田村淳

jealkb(ジュアルケービー)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。略称は「ジュアル」、「JKB」など。ファンの通称は「ジュアラー」。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳がヴォーカルを務め、メンバー5人が吉本興業所属芸人の「ヴィジュアル系ロックバンド」として2005年に結成。ただし、メンバーは本職の芸人とは一線を引くために「20歳年下の弟」という設定で活動する。 シングル「誓い」で2007年10月31日にメジャーデビュー。メンバー全員がお笑い芸人という異色の構成だが、オリジナルの楽曲を持ち、本格的に音楽活動を行っている。

2004年に、haderu(ロンブー・田村淳)とその同期の芸人友達のelsa(元チープスープ・衛藤幸生)、dunch(じゃぴょん・桑折貴之)。後輩芸人ニブンノゴ!のメンバーであるediee(大川知英)、hideki(森本英樹)、chaos(元ハローバイバイ・金成公信)は同期のmofto(元ガラクタパンチ・菊池健一)を誘うなど元々仲の良かった友人と、バンドを通じて親交を深めた友人たちで構成された。

haderu(ハデル)
ヴォーカル担当。
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)の弟という設定。カラーは「赤」
jealkbを結成した張本人でメインヴォーカル。クセのあるハスキーボイスの歌声で、ライブではMCをメイン進行を担当する。また、殆どの楽曲の作詞を担当する作詞家だが、インディーズ2ndの「恋傷」などの楽曲などを例に作曲も担当することがある。高校時代からのバンド活動をしており、ボーカルの他にも稀にライブのパートチェンジでドラム、ギターを演奏することがある。ジュエル警備員での名前は「ダイヤ」。カラーは白。
jealkbを「ロンブー淳率いるバンド」とよく題されるのでリーダーと思われることが多いが、主に企画進行をリードしている。メンバー内で最もいたずら好きな性格で、また毒舌でよくdunchをイジる。ライブのMCでは「会いたかった〜?!」とファンに聞きファンが「会いたかった〜!!」と言うと、「ばーか。俺らの方が会いたかったよ」と言うのが定番。
1983年12月4日生まれ(10歳サバ読み)。身長167cm。
命名理由は「歯が出ているから」。

hideki(ヒデキ)
ヴァイオリン、ダンス担当。
森本英樹(ニブンノゴ!)の弟という設定。カラーは「銀(白)」
ライブでは振り付け先導で、曲によってコーラス、デスボイス、ラップを使い分ける。バラード曲などでは音の出ないヴァイオリンでのパフォーマンスをする。YouTubeなどで自身の振り付けの映像を多数公開している。現在のメンバー内では唯一、楽器を演奏しないパートだが少しならギターが演奏できるらしく、ライブのパートチェンジなどで披露する。ジュエル警備員での名前は「エメラルド」。カラーは緑。
メンバーで唯一の既婚者であり10年間隠し子だった娘も居る。その娘は「musume」としてライブで「super special summer」のダンスを父親であるhidekiと共に披露する。
1988年4月2日生まれ(10歳サバ読み)。身長172cm。
命名理由は本名(hidenからhidekiに改名)。

dunch(ダンチ)
ベース担当。
桑折貴之(元じゃぴょん)の弟という設定。カラーは「黄」
ムック逹瑯のヴィジュアル系ユニット「カラス」のベーシストとしても加入し、殆どの楽曲をピックを使ったベースの演奏で担当する。ジュエル警備員での名前はアメジスト。カラーは紫で主任(リーダー)を担当していた。
メンバー1の「イジラられキャラ」。よくわざと名前を間違えられたり忘れられるネタやミニコントが存在する。またアルバム『AGAINST』収録のメンバーを一人一人紹介していく楽曲の「jealize」では一切、名前を紹介してもらえずに「東京重低音ツリー」や「名前なんだっけすみません!」と言われる始末になっている。メンバー内で一番、金欠でありバンド活動をしている現在でもバイト活動をしている。jealkbのメジャーデビューの話を持ちかけられた際はメンバー、特にhaderuは初めは消極的だったがdunchが積極的にメンバーに推して実現した。
1983年2月15日生まれ(10歳サバ読み)。身長183cm。
命名理由は「実家が団地だから」。
引用元:jealkb – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Jealkb