吉田鋼太郎芸術監督「彩の国シェイクスピア・シリーズ」


なくなった蜷川幸雄の後を受けて
2016年10月に上演企画「彩の国
シェイクスピア・シリーズ」の
芸術監督に就任した俳優は?
吉田鋼太郎(答)
藤竜也
小野寺昭
市村正親
31%

吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう、1959年1月14日 – )は、日本の俳優、演出家。東京都出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

>演出家で文化勲章受章者の蜷川幸雄が手がけた作品の常連出演者であった。そのため、蜷川作品への出演が多かった藤原竜也や小栗旬とは親交が深い。

>2016年10月15日、5月12日に逝去した蜷川幸雄の後を引き継いで彩の国さいたま芸術劇場が主催する『彩の国シェイクスピア・シリーズ』の2代目芸術監督に就任することが発表された[7][8]。
引用元:吉田鋼太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E9%8B%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E

彩の国シェイクスピア・シリーズ(さいのくにシェイクスピアシリーズ)は、埼玉県さいたま市にある彩の国さいたま芸術劇場で、シェイクスピア全37作を上演する企画。演出家の蜷川幸雄を初代芸術監督に迎え、1998年(平成10年)よりスタート。主催は財団法人埼玉県芸術文化振興財団。
作品の多くはさいたまで上演後、地方公演を行う。また、海外の演劇祭などに招聘される機会も少なくない。シリーズ開始当初は「13年間で全作品上演」を謳っていたが、近年は期限についての明記はされていない。
初代芸術監督の蜷川が2016年(平成28年)5月12日に他界した為、2代目芸術監督として俳優・演出家の吉田鋼太郎を招聘することが決定している[1][2]。
引用元:彩の国シェイクスピア・シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%A9%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA