「月組」「雪組」「星組」「宙組」TCAスペシャル


次の宝塚歌劇団の組を
創設されたのが
早い順に選びなさい
月組
雪組
星組
宙組
27%

タイピング
宝塚歌劇団の各組のスターが集う年に一度のイベントの名称は◯◯◯スペシャル?◯を答えなさい
TCA(答)
「TCAスペシャル」
株式会社宝塚クリエイティブアーツから

花組(はなぐみ)は宝塚歌劇団第1番目の組である。イメージカラーは赤~ピンク。組長は高翔みず希、副組長は花野じゅりあ。
>1921年10月15日に公演数と生徒の増加によって月組と2つに分かれて誕生。組名称は『雪月花』にちなんで名づけられた。その際、一班を『花組』、二班を『月組』としたため、花組が「宝塚で最も歴史の古い組」とされている。全5組の筆頭でもある。
また、「男役の宝庫」とも呼ばれ、数多くのスターを輩出。トップスター・トップ娘役に組生え抜きのスターが就任する例が多い一方、他組の歴代トップスター・トップ娘役にも花組在籍歴がある者が多い。
引用元:花組 (宝塚歌劇) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

月組(つきぐみ)は、宝塚歌劇団2番目の組である。イメージカラーは黄色。組長は憧花ゆりの、副組長は綾月せり。
>1921年に公演数と生徒の増加によって花組と2つに分かれて誕生。組名称は『雪月花』にちなんで名づけられた。その際、第一部を『花組』、第二部を『月組』としたことから、2番目の組とされている。
ナチュラル志向の芸を持ち味に、特に芝居に強いトップスターや助演者を多く輩出しており、専科で活動中の月組出身者や、退団後女優として活動する者も多い。また、日本初のレビュー『モン・パリ』をはじめ、『ベルサイユのばら』『風と共に去りぬ』など、今日の宝塚歌劇を代表する作品が初演された組でもある。
引用元:月組 (宝塚歌劇) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

雪組(ゆきぐみ)は、宝塚歌劇団第3番目の組である。イメージカラーは緑。組長は梨花ますみ、副組長は奏乃はると。
>1924年に宝塚大劇場の開場に合わせて新設された。組名称は『雪月花』にちなんでいる。
戦後、春日野八千代を中心に、特に日本舞踊や所作の美しさを評価されていたスターを多く輩出。端正な芸を持ち味に、日本物の芝居を得意としてきたため、「日本物の雪組」と呼ばれ、日本物の芝居の上演が多い傾向がある。また、今日の宝塚において人気の演目のひとつである『エリザベート』の初演が上演された組でもある。
引用元:雪組 (宝塚歌劇) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

星組(ほしぐみ)は、宝塚歌劇団第4番目の組。イメージカラーは青。組長は万里柚美、副組長は美稀千種。
>1933年に創設された。1939年に、時局悪化のためにいったん廃止され、花・月・雪の3組体制を経て、太平洋戦争後の1948年に労働基準法に対応するため復活し、現在に至る。
長身の男役が多く、特にコスチューム・プレイで真価を発揮する。また、宝塚歌劇団初の一本立て作品『虞美人』の初演をはじめ、本公演での一本立て作品が多く上演されてきた。
引用元:星組 (宝塚歌劇) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

宙組(そらぐみ)は、宝塚歌劇団第5番目の組。イメージカラーは紫。組長は寿つかさ、副組長は美風舞良。
>1998年1月1日に創設。組名称は公募により決定。老朽化による東京宝塚劇場の建て替えを機に、新劇場では宝塚歌劇の専用劇場として、通年公演を実施することになった。そのため、これに対応するための組の増設が必要になり、既存4組からメンバーを選抜し、同時に団員の大規模な組替えを行って設立された。
2012年1月、『クラシコ・イタリアーノ -最高の男の仕立て方-』の成果として、宙組が平成23年度(第66回)文化庁芸術祭・演劇部門優秀賞を受賞。[1]
引用元:宙組 (宝塚歌劇) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%99%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

宝塚歌劇団における専科(せんか、英称:SUPERIOR members)は、特定の組に所属しない団員の集まり。イメージカラーは、いぶし銀の輝きや渋さを表す黒~グレー。
>専科生は各組の公演には特別出演として出演する。轟悠は主演男役として特別出演する。春日野八千代も同様であった。他の生徒は、主に老け役をこなし、脇でしっかり芝居を固めるなど、渋いながらも宝塚の公演にはなくてはならない存在である。また、1984年専科バウホール公演『花供養』などのように、専科生だけの公演もある。
引用元:専科 (宝塚歌劇) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%82%E7%A7%91_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

TCAスペシャル

年に1度、各組が合同で行なうイベントのこと。各組から選抜された主演スターを含むスターたちが共演するショー。普段はなかなか見ることのできない組み合わせが実現するのも見所。99年度は、宝塚大劇場と東京の劇場を衛星二元中継で結び、5組のスターたちが勢ぞろいした。
引用元:TCAスペシャルとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/TCA%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB-1466094