『Go West』Village People『Let’s Groove』Earth, Wind & Fire『Love Machine』The Miracles


49%
次のディスコミュージックを
音楽グループごとに
グループ分けしなさい
【Village People】Go West, In The Navy
【Earth, Wind & Fire】Let’s Groove
【The Miracles】Love Machine

ヴィレッジ・ピープル(Village People)は、アメリカ合衆国の男性6人組の音楽アーティストグループ。

>1977年にニューヨークで結成。1970年代後半から1980年代前半にかけて、ディスコソングを中心に世界的ヒット曲を次々生み出す。ゲイ・マーケットをターゲットにして売り出され、メンバーそれぞれが、ゲイ受けを狙ったアメリカの職業等のコスプレをしている。ポップス史上、ゲイ・イメージを表面に出して音楽活動を行った最初のグループといわれ、アメリカにおけるゲイの理解向上に貢献したとの評価もある。また実際にリードボーカルのヴィクター・ウィリス以外は全員ゲイであったといわれているが、真偽は定かではない。
1978年に発表されたグループ最大のヒット曲「Y.M.C.A.」は、西城秀樹が1979年に青春歌謡ポップス曲「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」としてカバーし大ヒットしたことにより、日本でも楽曲とともにグループ名も一躍有名になった。2006年にはレイザーラモンHGもカバーしている。
またペット・ショップ・ボーイズがカバーした「Go West」、ピンクレディーや渋谷哲平、キャプテン・ジャックがカバーした「In The Navy」なども有名。これらの世界的ヒット曲は現在においても様々な場所で流され、全世界での総売上は5000万枚に達する。
引用元:ヴィレッジ・ピープル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AB

アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)は、アフリカ系アメリカ人によるファンクミュージック・バンドである。ファンク、ソウル、ジャズにポップミュージックを組み込み、R&Bの世界を開拓した[1]。ディスコが全盛だった1970年代から1980年代を象徴するバンドとして知られる[2]。略称はEWF、EW&F。

>1970年代の全盛期は、モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツインヴォーカルに重厚なホーンセクションが特徴であった[2]。1980年代前半には、他バンドに先駆けてコンピューターを利用した電子音を採り入れ、実験的な曲創りにも取り組んだ。アメリカ国内だけでなく日本をはじめ世界的な人気も高く、1970年代から何度か活動停止と再開を繰り返しつつも定期的にヒット曲を放ち、世界でのCD・レコード総売上は9000万枚以上[2]。グラミー賞を6回受賞し、2000年にロックの殿堂入りを果たしている[2]。
引用元:アース・ウィンド・アンド・ファイアー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC

The Miracles (also known as Smokey Robinson and the Miracles from 1965 to 1972) were an American rhythm and blues vocal group that was the first successful recording act for Berry Gordy’s Motown Records, and one of the most important and influential groups in pop, rock and roll, and R&B music history.
引用元:The Miracles – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/The_Miracles