『奪い愛、冬』倉科カナ『レンタルの恋』剛力彩芽『忠臣蔵の恋』武井咲


次の2017年放送の
TVドラマと主演女優の
正しい組み合わせを選びなさい
奪い愛、冬───倉科カナ
レンタルの恋───剛力彩芽
忠臣蔵の恋───武井咲
43%

『奪い愛、冬』(うばいあい ふゆ)は、2017年1月20日から、毎週金曜日の23時15分 – 翌0時15分に、テレビ朝日系列の「金曜ナイトドラマ」枠で放送されている日本のテレビドラマである[1][2]。主人公を演じる倉科カナは、連続ドラマでの主演は5年ぶりとなる[3]。
>あらすじ[編集]
主人公のデザイン会社に務める池内光は裕福ではない家庭で育ったものの、持ち前の明るさ・頭脳で仕事も優秀にこなし、婚約者・奥川 康太もいる公私ともに充実している女性。しかし光の前にかつて死ぬほど愛していた元彼が突然現れたことから、事態は急転。婚約者がいるにも関わらずその心はどんどん元彼を求めていく。ドロドロしているがキュンとする”ドロキュン劇”が幕を開ける。
引用元:奪い愛、冬 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%AA%E3%81%84%E6%84%9B%E3%80%81%E5%86%AC

『レンタルの恋』(レンタルのこい)は、2017年1月19日から毎週木曜 0時10分 – 0時40分(水曜深夜)にTBS系の水曜版『テッペン!』・『水ドラ!!』枠で放送されているテレビドラマである。主演は剛力彩芽[1]。
>あらすじ[編集]
クリスマスの日、大学生・山田公介の住むアパートに、大きな箱を担いだ一人の中年の男が現れた。男は公介に何も言わず立ち去り、箱の中から、一人の若い女性が出てきた。彼女の名前は高杉レミという。
引用元:レンタルの恋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%81%8B

『四十八人目の忠臣』(しじゅうはちにんめのちゅうしん[1][2]、よんじゅうはちにんめのちゅうしん[3])は、諸田玲子による歴史小説。『毎日新聞夕刊』にて2010年6月3日から2011年6月6日まで連載された後、毎日新聞社より2011年10月に刊行された。2012年、第1回歴史時代作家クラブ賞作品賞受賞作[4]。
赤穂藩浅野家の江戸屋敷に奥女中として仕えるきよを主人公に、四十七士の1人・磯貝十郎左衛門と恋仲になり、吉良邸討ち入りを助け、本懐後は将軍家に近づいて赤穂浅野家の再興を図る姿を描く。

>テレビドラマ[編集]
『忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜』(ちゅうしんぐらのこい〜しじゅうはちにんめのちゅうしん〜[6])と題して、NHK総合「土曜時代劇」枠にて2016年9月24日から放送されている。全20回(予定)。主演は武井咲で、本作が時代劇ドラマならびにNHKドラマへの初主演となる[7][8]。
2016年3月、同年9月より土曜時代劇の第2弾として全20回でテレビドラマ化されることが発表された[5]。8月、タイトル『忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜』と、主要キャスト、放映日程などが発表され[9]、同月13日にクランクインした[10]。
引用元:四十八人目の忠臣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%8D%81%E5%85%AB%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%BF%A0%E8%87%A3