『ニノチカ』ガルボ笑う『アンナ・クリスティ』ガルボ話す


「ガルボ笑う」という
キャッチコピーで有名な
エルンスト・ルビッチ監督
グレタ・ガルボ主演の映画は?
グカアニル
ーチノタミ
ニノチカ(答)
Ninotchka
31%

グレタ・ガルボ(Greta Garbo、1905年9月18日 – 1990年4月15日)は、スウェーデン生まれのハリウッド映画女優。本名はグレータ・ルヴィーサ・グスタフソン(Greta Lovisa Gustafsson)で、ハリウッドのサイレント映画期ならびにトーキー映画初期の伝説的スターである。3度のアカデミー主演女優賞へのノミネート経験があり、1954年に「輝かしく忘れがたい演技」に対してアカデミー名誉賞が贈られている。また、1935年の『アンナ・カレニナ』と1936年の『椿姫』で、ニューヨーク映画批評家協会賞 主演女優賞を受賞している。アメリカン・フィルム・インスティチュートが1999年に選定した映画スターベスト100の女優部門では、キャサリン・ヘプバーン、ベティ・デイヴィス、オードリー・ヘプバーン、イングリッド・バーグマンに続く第5位にランクされた。
主な作品
『肉体と悪魔』(1926年)
『アンナ・クリスティ』(1930年)
『グランド・ホテル』(1932年)
『アンナ・カレニナ』(1935年)
『椿姫』(1936年)
『ニノチカ』(1939年)
引用元:グレタ・ガルボ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%9C

『ニノチカ』(原題:Ninotchka)は、エルンスト・ルビッチ監督による1939年製作の映画作品。

>解説[編集]
ソビエト連邦を風刺したコメディ。グレタ・ガルボが初めて出演したコメディ作品で、それまでシリアスな役どころが多く「笑わない女優」と呼ばれていたガルボが大笑いするシーンがあることから、公開当時は「Garbo laughs!」(ガルボ笑う)というキャッチコピーが使われた。これは、ガルボが最初に出演したトーキー映画『アンナ・クリスティ』のコピー「Garbo talks!」(ガルボ話す)をもじったものである。
引用元:ニノチカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%83%81%E3%82%AB

解説
「奥様は顔が二つ」に先じて作られた、同じくグレタ・ガルボとメリヴィン・ダクラスが主演する映画で、「天使」「桃色の店」の故エルンスト・ルビッチが監督した1939年作品。

ストーリー
今は昔、サイレンが空襲警報の意味でなく、専ら美人の意味であった頃のこと。第何次かの5ヵ年計画進行中のソヴィエト連邦商務局から、3人の使節ラツイニン、イラノ、フ、ブルジアノフがパリへ派遣された。初めて見るブルジョア国の贅沢さに肝を潰したが、ソ連が帝政貴族連から没収した貴金属類売却の使命を果たしに取り掛かった。これを知ったのがホテルボーイになっている、かつてのスヴァナ伯爵夫人の侍僕だったラコーニンである。彼の注進で宝石奪還を謀る伯爵夫人は、愛人のレオンに一切を任せた。レオンは3使節をまるめ込み、軟化させてしまった。この状報にソ連本国では、特別全権使節を派遣したるこれが赤ん坊の時から共産主義をたたき込まれた模倣党員ニノチカな女史である。早速軟化した3姿勢使節をしめあげ、宝石の処分に掛かった。
引用元:ニノチカ : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/47554/

『アンナ・クリスティ』(原題:英語: Anna Christie)は、1930年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

>ユージン・オニールの戯曲の映画化であり、クラレンス・ブラウンが監督、グレタ・ガルボが主演した。引き続きドイツ語版も撮影されている。ガルボにとっては初のトーキー映画主演であり、公開に当たっては「Garbo talks!(ガルボが話す)」と大々的に宣伝された。
なお、原作戯曲は1923年にも映画化されている(ジョン・グリフィス・レイ(英語版)監督、ブランチ・スウィート主演、邦題『海の洗礼(英語版)』)。
引用元:アンナ・クリスティ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3

解説
米国劇壇の巨匠として知られているユージン・オニールの同名戯曲を映画化したもので、「アンナ・カレニナ」「悪漢の唄」のフランシス・マリオンが脚色し「恋多き女」「黄金の世界へ」のクラレンス・ブラウンが監督にあたった。主役を演ずるのは「接吻」「恋多き女」のグレタ・ガルボと「海魔」「砂漠の生霊」のチャールズ・ビックフォードで

ストーリー
貧弱な石炭船の船長クリスは、1度別れた素性の卑しい女マーシーが戻って来たのを喜んでいると、幼時からミネソタの農園に預けておいた娘アンナ(グレタ・ガルボ)が成人して、はるばるニューヨークに彼を訪ねてくるという手紙に接して、清純な娘の心が汚れるのを恐れ、マーシーとは再び別れることにした。
引用元:アンナ・クリスティ : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/42342/