ペ・ドゥナ『春の日のクマは好きですか』『リンダリンダリンダ』


『春の日のクマは好きですか?』
『ほえる犬は噛まない』
『復讐者に憐れみを』
『リンダ リンダ リンダ』
イ・ジョンヒョン
ペ・ドゥナ(答)
キム・ソヨン
イ・ヘウン
39%

「リンダ リンダ リンダ」などの個性派女優、ペ・ドゥナが主演したラブ・コメディ。夢見がちで風変わりなヒロインの理想の恋人探しが、ポップな映像で展開する。
引用元:春の日のクマは好きですか? | 映画-Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv35566/

平凡な人々の思い込みが、日常の小さな事件を複雑に変えていくさまをテンポよく描く。登場人物それぞれの視点から見つめた事件をユーモラスにつづったヒューマン・ドラマだ。

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。
ユンジュ(イ・ソンジェ)は、出産間近の年上の妻ウンシル(キム・ホジョン)に養われている、ヒモ同然の大学講師。最近、マンション内に響き渡る犬の鳴き声に神経過敏になっていた。ある日、となりのドアの前にチョコンと座る犬を見つけて、ついふらふらと地下室へ閉じ込めてしまう…。ヒョンナム(ペ・ドゥナ)は、マンションの管理事務所で経理の仕事をしている女の子。毎日ボーと仕事をしていたが、団地に住む少女(ファン・チェリン)の愛犬ピンドリがいなくなり、迷い犬の貼り紙を貼っている少女に代わって、町じゅうに紙を貼るのだった…。
引用元:ほえる犬は噛まない | 映画-Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv33428/

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督が’02年に発表した壮絶なバイオレンス。愛する者を失った男たちの復しゅうが連鎖していくさまを冷徹なタッチで描く。

>生まれつき話すことも聞くこともできない障害を持つ青年リュ(シン・ハギュン)。友だちもいなくひどく内気な彼は、両親を失った後、大学進学をあきらめて自分の面倒をみてくれた姉を、心から愛し、感謝している。そして、自分とはちがって自信たっぷりに生きている恋人ヨンミ(ペ・ドゥナ)ができ、リュは人生で初めて幸せを感じる。
引用元:復讐者に憐れみを | 映画-Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv35130/

文化祭で、THE BLUE HEARTSの演奏に挑む女子高生バンドの奮闘記。国内の若手女優と韓国の個性派女優ペ・ドゥナが、絶妙のアンサンブルを披露する青春映画だ。
引用元:リンダ リンダ リンダ | 映画-Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv34841/

ペ・ドゥナ(배두나、裵 斗娜、1979年10月11日[1] – )は、韓国の女優である。
ソウル特別市出身、漢陽大学校演劇映画科中退。2006年より建国大学校芸術文化学部在学中。

>1998年、19歳のとき、衣料カタログのモデルとしてデビュー。その後、ファッション雑誌のモデルやCMモデル、テレビタレントを経て、1999年、日本映画『リング』の韓国リメイク映画『リング・ウィルス』で貞子役を演じ、映画女優としてデビューした。母とは映画『子猫をお願い』で共演を果たした。
シリアスな作品からコメディーまでこなす実力派・個性派である。日本映画『リンダ リンダ リンダ』に出演したほか、旅行などで日本を数回訪れ、日本文化に好意を持つ人物としても知られる。『リンダ リンダ リンダ』特写フォトを担当したプロカメラマン・東野翠れんに影響を受け、写真撮影を趣味としている。
引用元:ペ・ドゥナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%8A

イ・ジョンヒョン(1980年2月7日[2] – )は、大韓民国 ソウル出身の歌手、女優である。身長158cm、体重40kg、血液型O型[2]。5人姉妹の末っ子。愛称はヒョニー(hyony)。

>日本でも放映されたドラマ『美しき日々』に出演しており、その挿入歌「Heaven」の日本語版で日本デビュー。2004年末には日本でのCDデビューからわずか2週間でNHK紅白歌合戦に出場した。
2005年は主に日本で活動(後述の項目を参照)。2006年に入ってからは日本の活動での実績に伸び悩み、ドラマ『輪舞曲―RONDO―』の出演をもって日本を離れ、活動拠点を中国に移した。10月に(本国では)約2年半ぶりとなる新作アルバムをリリース。
引用元:イ・ジョンヒョン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%92%E3%83%A7%E3%83%B3

キム・ソヨン(김소연、Kim So-yeon、1980年11月2日 – )は韓国の女優。ソウル特別市に生まれ、両親と姉2人の5人家族。東国大学校を7年かけて卒業。 1994年にSBSのドラマ「恐竜先生」で女優デビュー。2009年、『アイリス』の出演によりKBS演技大賞人気賞を受賞した[1]。
引用元:キム・ソヨン (1980年生の女優) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%A8%E3%83%B3_(1980%E5%B9%B4%E7%94%9F%E3%81%AE%E5%A5%B3%E5%84%AA)

①イ・ヘウン
「今年1月、『冬ソナ』の“同窓会”が開かれたんです。ユン・ソクホ監督(56)の招待で『冬のソナタ』ミュージカルを鑑賞後、ソウル市内のホテルで食事会が催されました。
同窓会には、キム・ヘスクさん(56)やクォン・ヘヒョさん(46)、そして、チェ・ジウさん(37)も参加しました。実は、ジウさんとはプライベートでも仲が良くて、今でも携帯メールで連絡を取り合っているんですよ」
そう微笑むのは、『冬のソナタ』(KBS)でユジンの親友、チンスク役を演じた女優のイ・ヘウンさん(39)。
「みんなで集まるのは本当に久しぶりだったので、ロケ当時の想い出話に花を咲かせ、近況を報告し合いました。
そして、在りし日のパク・ヨンハさん(享年32)の想い出も――。楽しかった日々を振り返り、懐かしみました」
引用元:女性自身 | K☆Star http://m.ksjisin.com/confidence/15732