ジョージ・フォスター・「ピーボディ」賞


放送界のピューリッツァー賞と
呼ばれる賞は◯◯◯◯◯賞?
ピーボディ(答)
George Foster Peabody Awards
15%


イェール大学の古脊椎動物学教授
叔父ピーボディの資金援助で発掘 (George Peabody)
ステゴサウルスなどの恐竜を発見
コープとのライバル関係で有名
マンテル
マーシュ(答)
オズボーン
オーウェン


定向進化説を支持
カマラサウルスなどの恐竜を発見
マーシュとのライバル関係で有名 
生物は進化につれて巨大化する
コープ(答)

連想
アメリカの古生物学者
千以上の脊椎動物の新種を発見
オスニエル・マーシュとの争い
生物は進化するに従い巨大化する
エドワード・コープ(答)

連想
イギリスの医師
急性アヘン中毒で死去
オーウェンのライバル
イグアノドンの化石を発見
マンテル(答)

連想
イギリスの古生物学者
ダーウィンとは敵対関係
「偶蹄類」「奇蹄類」を命名
「恐竜」という言葉を命名
オーウェン(答)

連想
定向進化説を支持
アメリカ自然史博物館館長
ヴェロキラプトルを命名
ティラノサウルスを命名
オズボーン(答)

ピーボディ賞(ピーボディしょう)、正式名称ジョージ・フォスター・ピーボディ賞(George Foster Peabody Awards)はアメリカのテレビ・ラジオ・ウェブサイトの優れた放送作品に贈られる賞。1941年に始まり、メディア関連賞としては最古の賞である。アメリカ放送界における最高の栄誉とされ、放送界のピューリッツァー賞と呼ばれる。
同賞はジョージア大学内のHenry W. Grady College of Journalism and Mass Communicationによって管理され、名称は慈善活動家ジョージ・フォスター・ピーボディに由来する。
当初はラジオのみ対象だったが、1948年以降はテレビも対象になった。1990年代後半からはウェブサイトも対象となり、2008年にはYoutubeが受賞している。ピューリッツアー賞とは異なり、部門は設けられておらず優秀な作品にはジャンルを問わず贈られる。
主に放送ジャーナリズム、ドキュメンタリー、教育番組などの分野に対して贈られる。
引用元:ピーボディ賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E8%B3%9E

George Foster Peabody (July 27, 1852 – March 4, 1938) was an American banker and philanthropist.

>George Foster Peabody Awards[edit]
Perhaps Peabody’s best-known legacy is the George Foster Peabody Awards, presented annually since 1941 by the University of Georgia’s Henry W. Grady College of Journalism and Mass Communication for excellence in radio, and, since 1948, television broadcasting, followed by World Wide Web content in the late 1990s.
引用元:George Foster Peabody – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/George_Foster_Peabody

ジョージ・ピーボディ(George Peabody、1795年2月18日 – 1869年11月4日)は、アメリカ合衆国出身の企業家、慈善家で、ピーボディ研究所の開設者。彼は、マサチューセッツ州サウス・デンバー(現在のマサチューセッツ州ピーボディ)にピューリタンの先祖を持つ家族に生まれた。しかし、家族は、中流で決して豊かとはいえない経済状態にあった。彼の生まれた場所は、ピーボディのワシントン通り205で、そこは現在ジョージ・ピーボディ・ハウス博物館になっている。([2])これは、彼の生涯とその偉業を紹介するためのものである。

>ピーポディは、近代の慈善事業の祖として知られている[2][3][4]。その後、ジョンズ・ホプキンズ、アンドリュー・カーネギー、ジョン・D・ロックフェラー、ビル・ゲイツ、その他の人々によって受け継がれていくような事業の先鞭をつけたのが、彼である。アメリカでは彼の活動が教育への慈善事業の形態を形成した最大の要素となった。
引用元:ジョージ・ピーボディ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3

オスニエル・チャールズ・マーシュ(Othniel Charles Marsh、1831年10月29日 – 1899年3月18日)は19世紀アメリカ合衆国における傑出した古生物学者であり、アメリカ西部で数々の化石の発見、命名を行った。

>1866年帰国し、イェール大学の古脊椎動物学の教授に就任する。著名な銀行家の叔父ジョージ・ピーボディを説得し、イェール大学にピーボディー自然史博物館を設立させた。彼が教授に就任できたのもこのことが大きい。
1871年アメリカで初めて空飛ぶ爬虫類である翼竜の化石を発見する。また初期のウマの化石も発見している。白亜紀の歯を持つ鳥類(イクチオルニスやヘスペロルニス)、翼竜、アパトサウルス、アロサウルスを含むジュラ紀、白亜紀の恐竜についての記載を行った。
19世紀後半にエドワード・ドリンカー・コープとの間で繰り広げられた、化石戦争(Bone Wars)として知られる古生物学闘争で有名である。二人の化石発見闘争は熾烈を極め、この闘争を通じて120を超える恐竜の新種が発見、記載された。
引用元:オスニエル・チャールズ・マーシュ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
マーシュ
まーしゅ
Othniel Charles Marsh
(1831―1899)

アメリカの古脊椎(せきつい)動物学者。ニューヨークで生まれる。エール大学を卒業し、ベルリン大学、ブレスラウ大学などに留学したのち、エール大学教授(1866)、ピーボディ博物館地質学・古生物学部長を務めた。アメリカ合衆国西部のジュラ系や白亜系に脊椎動物化石の発掘のための探検隊を組み、競争相手のコープ同様に、化石収集に努力し、収集品の研究にも業績をあげた。とくに恐竜類・有歯鳥類についての研究が著名である。資金はすべて叔父にあたる富豪の慈善家ピーボディGeorge Peabody(1795―1869)による。合衆国地質調査所所員、国立科学アカデミー会長なども務めた。[小畠郁生]
引用元:マーシュ(マーシュ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5-136166