アンナ・カリーナ「デンマーク」ジャン・レノ「モロッコ」


次の俳優を出生国ごとに
グループ分けしなさい

デンマークフランスモロッコ
デンマーク
J・ポール・ベルモンド
ジャン・レノ
ソフィー・マルソー

38%

アンナ・カリーナ(Anna Karina、本名:Hanne Karen Blarke Bayer、1940年9月22日 – )は、デンマーク・コペンハーゲン出身のフランスの女優。ヌーヴェルヴァーグ時代に活躍。

>1940年9月22日、デンマーク・コペンハーゲンに生まれる。母は洋裁店を営み、父親は船員であったが、カリーナが生まれて1年後に家族を捨ててしまう。そのため4歳になるまで祖父母に育てられ、その後4年間は里親の元で育つ。その後母親と暮らすようになるが、頻繁に家出をしていたという[1]。デンマークではキャバレーで歌ったりモデルなどをするようになる。14歳の時にデンマークの短編映画に出演しているが、その作品はカンヌ国際映画祭で賞を獲得している[2]。17歳の時にフランス・パリに移る。パリに付いた当時はフランス語を話す事が出来なかったが、スカウトされてモデルとして活躍する。「アンナ・カリーナ」という芸名は当時出会ったココ・シャネルが授けた[3]。
引用元:アンナ・カリーナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A

ジャン=ポール・ベルモンド(Jean-Paul Belmondo、1933年4月9日 – )は、フランスの俳優。シリアスなドラマからアクション・コメディまで、出演映画は幅広い。20世紀後半のフランスを代表する俳優の一人。実子のポール・ベルモンドは、元F1ドライバー。

>1933年4月9日パリ郊外のヌイイ=シュル=セーヌ(Neuilly-sur-Seine)で生まれる。父のポール・ベルモンド(彫刻家)(fr:Paul Belmondo (sculpteur))は、フランス美術アカデミーの会長もつとめた彫刻家で画家(シチリアとピエモンテにルーツをもつイタリア系フランス人)[1][2]、母も画家だった。
引用元:ジャン=ポール・ベルモンド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89

ジャン・レノ(Jean Reno, 本名: Juan Moreno y Herrera Jimenez[1][2], 1948年7月30日 – )は、フランスの俳優。

>モロッコ・カサブランカ生まれ。両親はスペイン・アンダルシア州出で、フランコ政権を嫌い国外へ逃れていた。家族でフランス・メトロポリテーヌへ移住したのは1960年である。フランスでルネ・シモン(フランス語版)設立の演劇学校に通った[3]。
引用元:ジャン・レノ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%8E

ソフィー・マルソー(Sophie Marceau、1966年11月17日 – )はフランス・パリ出身の女優。

>13歳の時にオーディションで数百人の中から選ばれた[1]『ラ・ブーム』の主役でデビューし、一躍トップ・アイドルとなった。実名とイニシャルを変えないように、マルセル・マルソーから姓を採った。
ややアジア人に似た外見が特徴で、これは本人も認めるところである[2][3]。また、イザベル・アジャーニに似ているともいわれた[4][5]。
現在もフランスでの人気は高く、女優部門で51%の支持を集めトップになった[6]とも、 最も売れている女優である[7]とも伝えられる。
引用元:ソフィー・マルソー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%BC