ヨハン・「パッヘルベル」カノンで著名なドイツの作曲家


カノンで有名なバロック時代の
オルガン奏者です
パッヘルベル(答)
Johann Pachelbel
59%

CIMG2404
次のヨーロッパの建造物と
建築様式の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aサンスーシ宮殿───ロココ建築
Bノートルダム大聖堂───ゴシック建築
Cヴェルサイユ宮殿───バロック建築
引用元:ロマネスク様式「ピサ大聖堂」「マインツ大聖堂」「クリュニー修道院」ゴシック様式(ゴート人の)「ランス大聖堂」「アミアン大聖堂」「ケルン大聖堂」「シャルトル大聖堂」 バロック様式(歪んだ真珠)「サン・ピエトロ大聖堂」「ベルサイユ宮殿」 ロココ様式(ロカイユ模様)「サンスーシ宮殿」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/14739/

ヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel, ドイツ語発音: [ˈjoːhan ˈpaxɛlbl̩], [ˈpaxl̩bɛl], [paˈxɛlbl̩],[1] 1653年9月1日(受洗) – 1706年3月9日(埋葬)[2])は、バロック期のドイツの作曲家であり、南ドイツ・オルガン楽派の最盛期を支えたオルガン奏者で、教師でもある。宗教曲・非宗教曲を問わず多くの楽曲を制作、コラール前奏曲やフーガの発展に大きく貢献したところから、バロック中期における最も重要な作曲家の一人に数えられる[3]。
パッヘルベルの作品は生前から人気が高かったため、師事する弟子も多く、またドイツ中部・南部の多くの作曲家の手本となった。現在では彼の作品で最も有名なのは「パッヘルベルのカノン」(Canon in D) であるが、これは彼が生涯に書いた唯一のカノンである。そのほか、シャコンヌ ヘ短調、トッカータ ホ短調などのオルガン曲、鍵盤楽器用の変奏曲集『アポロンの六弦琴』(『アポロの六弦琴』とも。Hexachordum Apollinis)などが知られている[4]。
引用元:ヨハン・パッヘルベル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB

ヨハン・パッヘルベルのカノンは、ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルがバロック時代中頃の1680年付近に作曲したカノン様式の作品である。「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」(独: Kanon und Gigue in D-Dur für drei Violinen und Basso Continuo)の第1曲。この曲は、パッヘルベルのカノンの名で広く親しまれており、パッヘルベルの作品のなかで最も有名な、そして一般に知られている唯一の作品である。
しばしば、クラシック音楽の入門曲として取り上げられる。また、ポピュラー音楽において引用されることも多い[1]。卒業式や結婚式、離任式のBGMとされることもある。
引用元:カノン (パッヘルベル) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8E%E3%83%B3_(%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB)