「ライブエイド」ボブ・ゲルドフの提唱で始まったチャリティー・コンサート


ボブ・ゲルドフの提唱により
アフリカの難民救済を目的と
して1985年に開催された
チャリティー・コンサートは?
ウンドブクー
バッブエルク
フジトットス
ライブエイド(答)
LIVE AID
25%

ライヴエイド(LIVE AID)は「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、「アフリカ難民救済」を目的として、1985年7月13日に行われた、20世紀最大のチャリティー・コンサート。「1980年代のウッドストック」とも一部でいわれていたが、その規模をはるかに超越したものとなった。2004年にDVDとして発売された。

>「バンド・エイド」を提唱した、「ブームタウン・ラッツ」のリーダー「ボブ・ゲルドフ」が、中心となって開催されることとなり、その呼びかけに賛同した、多くのミュージシャンたちが、国とジャンルを越えて参加した。
引用元:ライヴエイド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%89

ロバート・フレデリック・ゼノン・ゲルドフ KBE(Bob Geldof、本名:Robert Frederick Xenon Geldof KBE, 1951年10月5日 – )ナイト勲爵士はアイルランドのミュージシャン、作曲家、俳優、政治活動家。ブームタウン・ラッツのボーカリスト。

>バンド・エイドのシングル[編集]
1984年までにブームタウン・ラッツの活動は停滞していった。同年11月、ゲルドフはマイケル・バークによるエチオピアの飢饉を伝えるBBCのニュース報道を見て、何かするために状況を活用すると誓ったのだった。彼はミッジ・ユーロと共に「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」(Do They Know It’s Christmas?) を作曲した。
ゲルドフは11月にBBCレディオ1のDJ、リチャード・スキナーのショーに出演したが、計画されていた新しいアルバムについて議論する代わりに、チャリティ・シングルについてのアイディアを公表することに放送時間を費やした。これは、その話題に対する激しいメディアの関心を生み出す結果につながったのである。
彼はアフリカ飢餓救済基金を行うために主要なイギリスとアイルランドのロック、ポップスを中心としたトップ・ミュージシャンからなるバンド・エイドを結成した。
シングルは飢饉救済資金を集める目的で、1984年のクリスマス前にリリースされた。ゲルドフの幾分慎重な望みは7万ポンドであったと言われている。しかしながらその売り上げは数百万ポンドに上り、結果的にイギリス・チャート史上(1997年まで)最高の売り上げとなった。同曲は1989年にバンド・エイドIIのスローガンの下、カイリー・ミノーグやジェイソン・ドノヴァンといったアーティストをフィーチャーして再録音された。また、新たなグループのミュージシャンと共に結成したバンド・エイド20のプロジェクトが始まる2004年のクリスマスを前に、またも再録音され発売された。
チャリティ・シングルのアイディアは、数カ月後にアメリカでコピーされる。マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーによって書かれた「ウィ・アー・ザ・ワールド」(We Are the World) はヨーロッパおよびアメリカでチャートのトップを獲得した。ゲルドフは1985年1月28日のアメリカン・ミュージック・アウォーズの直後に行われた同曲のレコーディングに参加し、コーラスとして歌っている。
引用元:ボブ・ゲルドフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%95