深田祐介『スチュワーデス物語』


堀ちえみ主演のTVドラマ
『スチュワーデス物語』の
原作を書いた直木賞作家は
深田祐介である
◯(答)
×結城昌治
76%

◯×
堀ちえみ主演のTVドラマ
『スチュワーデス物語』で
主人公が働く航空会社は
日本航空である
◯(答)
×全日空

『スチュワーデス物語』(スチュワーデスものがたり)は、日本航空(JAL)の客室乗務員[1]訓練生を描いた、深田祐介の小説、およびそれを原作としてTBS系列で放送された大映テレビ・TBS製作のテレビドラマである。テレビドラマは、1983年10月18日から1984年3月27日まで毎週火曜20:00 – 20:54に放送された。

>原作は、元日本航空社員(放映当時は嘱託社員)の直木賞作家、深田祐介が日本航空の新人スチュワーデスの奮闘を描いた小説『スチュワーデス物語』(1983年新潮社刊、1984年新潮文庫刊、1991年文春文庫刊)である。しかし、大げさな台詞と衝撃的なストーリー展開を特徴とする大映テレビが制作した為(大映ドラマ)、原作とは似ても似つかないストーリー展開となっている。
引用元:スチュワーデス物語 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%B9%E7%89%A9%E8%AA%9E

深田 祐介(ふかだ ゆうすけ、本名:雄輔 1931年7月15日 – 2014年7月14日)は、日本の作家である。1982年に『炎熱商人』で第87回直木賞を受賞[1]している。

>サラリーマン作家[編集]
大学卒業後は観光会社や外国航空会社など複数の企業体を転職しつつ執筆を続け、小説『空港』が群像新人文学賞候補作品になり、1958年に小説『あざやかなひとびと』で第7回文學界新人賞を受賞している。日本航空ではロンドン支店駐在員や本社広報室次長などを歴任し、ロンドン勤務から帰国後の1970年代後半以降に執筆活動を再開して1976年最初の著作であるエッセイ『新西洋事情』で第7回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞している。1978年以降は直木賞の候補に毎年上がり、1982年に経済小説『炎熱商人』で第87回直木賞を受賞[3]し、日本航空を退社して作家として創作活動に専念している。
退社後[編集]
『スチュワーデス物語』は刊行の翌年にテレビドラマ化され、1987年に『新東洋事情』で文藝春秋読者賞を受賞する。サラリーマン生活と海外駐在経験から海外ビジネスや企業小説が著書に多い。
引用元:深田祐介 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E7%94%B0%E7%A5%90%E4%BB%8B

文庫
スチュワーデス物語
深田祐介
定価:本体388円+税
発売日:1991年11月
鬼の村沢教官のシゴキに耐え、ついに訓練所から見習い乗務に移った、極東航空五七七期の新人“ドジでノロマのカメ”たちが遭遇する機内珍騒動。涙と笑いの空の青春物語。(荒井桂)
引用元:『スチュワーデス物語』深田祐介 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167219147