aiko『恋をしたのは』大今良時『聲の形』主題歌


2016年公開のアニメ映画
『聲の形』の主題歌
『恋をしたのは』を歌った歌手は
aikoである
◯(答)
64%


2016年11月より「週刊少年
マガジン」で連載を開始した
大今良時の漫画は『不滅の
◯◯◯へ』? ◯を答えなさい
あなた(答)
『不滅のあなたへ』
引用元:『不滅のあなたへ』大今良時 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/32064/

『聲の形』(こえのかたち、英題:A Silent Voice)は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『別冊少年マガジン』2011年2月号に、リメイクされた作品が61Pで『週刊少年マガジン』2013年12号に掲載された[5]。『週刊少年マガジン』にて2013年36・37合併号から2014年51号まで連載[6][7]。単行本は全7巻。

>聴覚の障害によっていじめ(嫌がらせ)を受けるようになった少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の触れ合いを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛などが描かれる。物語は2人が小学校時代における出会いの回想から始まることになる。舞台となる地名は架空のものが用いられるが、作中に描かれる風景は主に岐阜県大垣市をモデルとしている[9][10]。

>アニメ映画[編集]
『映画 聲の形』(えいが こえのかたち)は、2016年9月17日公開の日本のアニメーション映画[8]。
アニメーション制作は京都アニメーション、監督は『映画けいおん!』や『たまこラブストーリー』を手がけ受賞歴もある山田尚子、脚本は同作でもタッグを組んだ吉田玲子が務める[30]。
キャッチコピーは、「君に生きるのを、手伝ってほしい」。

>同年5月、主人公・石田将也役に入野自由、西宮硝子役に早見沙織らメインキャストが公表[33]。6月には、主題歌にaikoの起用が発表される。aiko本人はもともと原作のファンでもあり、「本当にびっくり。読んだ時感動して、自分のライブMCで1巻全部のストーリーを話してしまったほど。とても嬉しいのと同時に、この映画のそばにずっといられる歌をうたいたいと強く思います。」と応えている[34]。
引用元:聲の形 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%B2%E3%81%AE%E5%BD%A2