ディ・コンプレックス『みなさんのおかげでした』『クイズ!ヘキサゴンII』


『みなさんのおかげでした』
『オールスター感謝祭』
『メントレG』
『クイズ!ヘキサゴンII』
ディ・コンプレックス(答)
テレビマンユニオン
イースト
IVSテレビ制作
31%


『チューボーですよ!』
『マジカル頭脳パワー!!』
『出没!アド街ック天国』
『タモリ倶楽部』
ディ・コンプレックス
テレビマンユニオン
IVSテレビ制作
ハウフルス(答)

 
『ザ!鉄腕!DASH!!』
『たけしの元気がでるテレビ』
『ネプリーグ』
『ねるとん紅鯨団』
IVSテレビ制作(答)

連想
『遠くへ行きたい』
『世界ふしぎ発見!』
『アメリカ横断ウルトラクイズ』
『世界ウルルン滞在記』
テレビマンユニオン(答)

連想
『どうぶつ奇想天外』
『たけしの誰でもピカソ』
『奇跡体験!アンビリバボー』
『熱血!平成教育学院』
イースト(答)

連想
『ナカイの窓』
『お笑いウルトラクイズ』
『脱出ゲームDERO!』
『進め!電波少年』
ザ・ワークス(答)

株式会社ディ・コンプレックス(英社文名:D:COMPLEX CO., LTD)は、テレビ番組の制作プロダクション会社である。1993年(平成5年)10月1日設立。
格闘技を中心としたスポーツ・バラエティ・情報番組の制作をしている。『発掘!あるある大事典』で事実上、活動停止に追い込まれた日本テレワークの関連会社である。同社も『あるある大事典』の制作を手がけていた。
引用元:ディ・コンプレックス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

ディ・コンプレックス

株式会社ディ・コンプレックス(英社文名:D:COMPLEX CO., LTD)は、テレビ番組の制作プロダクション会社である。

102 関係: AKB48 SHOW!、お台場探偵羞恥心 ヘキサゴン殺人事件、お笑いV6病棟!、とんねるずのみなさんのおかげでした、なべあちっ!、ねばぎば!TOKIO、ぶっちゃけ!99、せんべろ女とホルモンおやじ、奥の深道〜同類くんの旅〜、女子高警察、島田検定!! 国民的潜在能力テスト
引用元:ディ・コンプレックス – ユニオンペディア http://ja.unionpedia.org/i/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

株式会社ハウフルス(英語表記:How Full’s)は、テレビ番組の制作プロダクション。代表取締役社長は菅原正豊。シンボルマークは社長の顔をモチーフにした温泉マークである[1]。[要出典]
>製作するテレビ番組では、「街」「県」「鉄道」「世界」など地理的な題材や、料理、音楽(特に洋楽)、言葉(ダジャレ=ボキャブラ)、ランキング(順位)などをテーマにした企画を得意としている。また多くが「お笑い」を融合させたつくりになっている。[要出典]
ひとつの演出手法を、異なる番組でも活用することも特徴。例えば『出没!アド街ック天国』に登場するランキングのグラフィック、『ボキャブラ天国』(座布団など)や『秘密のケンミンSHOW』などに登場する太陽の光を模したグラフィック、『ボキャブラ天国』に登場した『ボキャブラマトリックス』の形をしたものなど。電飾を多用した番組セットや、テロップの出し方・デザインも複数の番組で共通している。また、タイトルに「です」「天国」「SHOW」といった言葉が入る番組が多い。[要出典]
また番組内におけるBGMによる小ネタ・駄洒落も特徴的であり、ある意味ハウフルス制作番組のウリとなっている。[要出典]
引用元:ハウフルス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%B9

IVSテレビ制作(アイ・ヴィ・エス テレビせいさく、IVS Television Co.,ltd.)は、日本の東京都港区と大阪府大阪市に本社(大阪は登記上本店でもある)を置く、テレビ番組の制作プロダクション。「IVS」は”International Vision System”の略。登記上の商号は、アイ・ヴィ・エス・テレビ制作株式会社となっている。
>1972年、当時読売テレビのプロデューサー・ディレクターだった斉藤寿孝(現・取締役名誉会長)が独立し、11月30日大阪市に「IVSテレビ制作」を設立。
1975年に東京支社(現・東京本社)を設立後は同年にスタートした「びっくり日本新記録」(読売テレビ)をはじめとして数々の人気テレビ番組を制作している。過去の歴史的な経緯から、日本テレビ系、及び在阪各放送局が制作した番組を中心に数多く携わっている。
1973年、後にIVSを支えるディレクターとなる「テリー伊藤」こと伊藤輝夫が入社。わずか2年余りでディレクターに昇格し、その後「ねるとん紅鯨団」「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」などのヒット作を手掛ける。
引用元:IVSテレビ制作 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/IVS%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%88%B6%E4%BD%9C

株式会社テレビマンユニオンは、日本のテレビ番組制作会社である。
>1970年2月25日、東京放送(現・東京放送ホールディングス)を退職したディレクターが中心となって設立した日本で最初の独立系制作プロダクションである。技術分室は東京都港区赤坂6-4-2 赤坂MSビルディング。
設立の背景には、1968年にTBSのニュース番組『JNNニュースコープ』のベトナム戦争報道を巡り、担当したスタッフが現場から外されたことに対して、労働組合(ユニオン)員の報道局員がストライキをうった労働争議があった。この流れのなかで報道部門の萩元晴彦と村木良彦、ドラマ部門の今野勉らディレクターが、1969年にTBSを退社。翌年のテレビマンユニオン設立に繋がった。
テレビマンユニオンは、TBSから発注された仕事を中心にこなしながら、数々のヒット番組を制作する。その成功に倣って、以降、制作プロダクションが続々と設立された。得手分野は海外取材や海外ロケを実施する番組であり、日本テレビ系『アメリカ横断ウルトラクイズ』やTBS系『日立 世界・ふしぎ発見!』などが代表的番組である。現在では、NHKと東京民放キー局のほぼ全局で同社が番組を手がけている。
引用元:テレビマンユニオン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3

株式会社イースト・エンタテインメント(英社名:EAST ENTERTAINMENT INC.)は、イースト・グループ・ホールディングスの連結子会社でテレビ番組の企画制作や出版、ビデオ、イベント企画を行う部門である。
引用元:イースト・エンタテインメント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

株式会社ザ・ワークス(THE WORKS)は、日本のテレビ番組制作会社。渡辺プロダクションの子会社である。
>1955年(昭和30年)創業の渡辺プロダクションは芸能事務所としてタレントのマネジメント業務の他にテレビ番組制作も行なっていたが、1980年代に入ると、芸能事務所としての渡辺プロの力が低下。自社のタレントだけで番組を賄うことが出来ず、他社所属タレントを多く起用するようになったことから、渡辺プロからテレビ番組制作機能を切り離して、1984年(昭和59年)5月17日に「渡辺プロダクション映像部(わたなべプロダクションえいぞうぶ)」として設立され現在の社名に改称。制作プロダクションとしては大手。
引用元:ザ・ワークス (テレビ制作会社) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%88%B6%E4%BD%9C%E4%BC%9A%E7%A4%BE)