『おしん』谷村しん 田倉(たのくら)しん

122QbyJTagMrR
123njpznEZnqD
NHKのドラマ『おしん』で
主人公の結婚前の苗字は
谷村ですが

結婚後の苗字は◯◯?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
たのくら
「谷村しん」
「田倉(たのくら)しん」

『おしん』とは、1983年(昭和58年)4月4日から1984年(昭和59年)3月31日まで放送されていた日本のNHK連続テレビ小説第31作。
>連続テレビ小説の定番である“戦中と戦後の混乱期を逞しく生きた女一代記”の一つ。
1983〜84年の平均視聴率は52.6%最高視聴率62.9%。これはビデオリサーチの統計史上、テレビドラマの最高視聴率記録となっている。
小林綾子の少女期おしんは第4回から第36回まで、田中裕子の青春・成年期おしんは第37回から第225回まで、乙羽信子の中年期おしんは第226回から。老年期(役は中年期と同じく乙羽。白髪の様相が特徴)おしんは第1回から登場するが、人生の進行に伴っては第285回から登場する。
スリランカ、インドネシア、フィリピン、台湾、香港、ベトナム、アフガニスタン、シンガポール、エジプト、イランなど世界68ヶ国や地域で放送され、苦難に遭いつつも決してあきらめず、明治、大正、昭和を生きた主人公・おしんの姿が、日本だけでなく世界各国で人々の共感を呼び、「おしんドローム」という言葉を生み出した。「世界で最もヒットした日本のテレビドラマ」とされなおファンが多く根強い人気がある。
>物語[編集]
1983年(昭和58年)新春、北へ向かう列車の中である老婦人が座っていた。彼女の名は田倉(たのくら)しん。
>物語は1907年(明治40年)の春、明治も終わりにさしかかった山形の貧しい農村で生きる「おしん」の少女時代から始まる。
引用元: おしん – Wikipedia.

山形の貧しい農家に生まれた少女・おしんが、明治・大正・昭和の激動の時代を背景に、さまざまな辛酸をなめながら女の生き方、家族のありようを模索しつつ必死に生きる姿を1年間にわたって描く。主人公のおしんを、小林綾子(7~10歳)、田中裕子(16~45歳)、乙羽信子(50~83歳)の3人がリレーで演じている。
 1年間の平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%(11月12日)という驚異的な数字を記録。一大ブームを巻き起こした。
 このドラマに、原作・脚本の橋田壽賀子と制作者たちは「高度経済成長の中で現代人が見失ってしまったものを提示し、問いかけよう」と意図したという。
 引用元: 連続テレビ小説「おしん」(1) ストーリー編 | ドラマ | アカイさんノート:NHK.