ほんごうりら「本郷李來」2014ミス・インターナショナル日本代表

145tsrrmateehc
146qruqfvzhsrl
ミス・インターナショナルの
2014年の日本代表に選出
本郷李來
ほんごうりら(答)
25%

cimg2439mtrvsfxpmqxl
現在は大阪芸術大学で写真学科の
教授を務める写真家で、1981年の
ミス・ユニバースに日本代表と
して参加した経歴を持つのは?
川作英保
押本峰江
織田美子
織作峰子(答)
おりさくみねこ

ミス・ワールド、ミス・ユニバースと並ぶ世界3大美女コンテストの1つ、「ミス・インターナショナル」の日本代表選考会が25日、ヤクルトホール(東京・東新橋)で開催された。24人のファイナリストが着物、水着、ドレスの各審査に臨み、パフォーマンスを披露。東京都出身の21歳、大学生の本郷李來(ほんごう・りら)さんが日本代表の栄冠に輝いた。本郷さんは昨年に続き2度目の挑戦。11月11日に東京で開催される世界大会に向け「日本代表として使命感を持って活動していきたい」と抱負を述べた。


引用元:2014ミス・インターナショナル日本、代表決定=2度目の挑戦で栄冠 – YouTube https://www.youtube.com/watch?v=YhliB8zRa_g

織作 峰子(おりさく みねこ、1960年(昭和35年)12月16日 – )は、日本の写真家である。大阪芸術大学写真学科教授。
1981年(昭和56年)、ミス・ユニバースに日本代表として出場したことでも知られる。
引用元:織作峰子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E4%BD%9C%E5%B3%B0%E5%AD%90

私は81年度ミス・ユニバース日本代表に選ばれ、翌年、大竹省二写真スタジオに入門して、写真の道に入りました。

 よく「なぜミス・ユニバースが、突然写真の世界に?」と問われるのですが、私にとってはミス・ユニバースになったことが自分らしくないことをしたという位置付けなんです。友人が応募したら、受かってしまったという形。ちなみに、そのとき私はひっつめ髪のスタイルで出場したのですが、周囲からは「ロングヘアにした方が印象がいい」とうるさく言われました。ところがなんと私が選ばれてしまったので、翌年の大会では出場者の3分の1ほどがひっつめ髪にしてきたとか(笑)。

 ですから写真の世界に入ったのは、いわば元の私に戻った形なんです。父が日本建築の大工をしていたこともあり、「自分のやったことを形に残したい」という願望が元々強かったですから。さらに、ミス・ユニバースの撮影を通して出会った大竹先生の「写真やってみたら。写真も立派な芸術だよ。」という1言が、写真の道を目指すきっかけになりました。
引用元:Ms Wendy|分譲マンションと生活に関する情報 Wendy-Net http://www.wendy-net.com/nw/person/156.html