ゲイリー・オールドマン『ドラキュラ』『エアフォース・ワン』『レオン』

123mcqferdwyoz
『レオン』
『エアフォース・ワン』
『ドラキュラ』
『フィフス・エレメント』
エドワード・ノートン
ジャン・レノ
ゲイリー・オールドマン(答)
ラッセル・クロウ
29%


『僕たちのアナ・バナナ』
『ミニミニ大作戦』
『ファイト・クラブ』
『レッド・ドラゴン』
エドワード・ノートン(答)

連想
『ビューティフル・マインド』
『アメリカン・ギャングスター 』
『L.A.コンフィデンシャル』
『グラディエーター』
ラッセル・クロウ(答)

ゲイリー・レナード・オールドマン(Gary Leonard Oldman、[gɛəri -][1][2]、1958年3月21日 – )は、イギリスの俳優。ロンドンのニュークロス出身。姉は同じく女優のライラ・モース(Laila Morse)。近年の日本での報道では、ファーストネームについてギャリーの発音で表記されることもある。

>主な作品
『シド・アンド・ナンシー』(1986)
『ドラキュラ』(1992)
『レオン』(1994)
『ハリー・ポッター』シリーズ(2004 – 2011)
『ダークナイト トリロジー』(2005 – 2012)
『裏切りのサーカス』(2011)

>映画初出演は1982年の『Remembrance』。1986年の『シド・アンド・ナンシー』では、セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスを演じて注目を集めた。エキセントリックな役を演じさせたら当代随一であると評価され、多くの有名な役を演じてきた。例として『レオン』でのノーマン・スタンスフィールド、『ドラキュラ』でのドラキュラ、『不滅の恋/ベートーヴェン』でのベートーヴェン、『JFK』でのオズワルド、『バットマン』シリーズのゴードン、『ロスト・イン・スペース』でのドクター・スミス、『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』のローゼンクランツ、『ハンニバル』でのメイスン・ヴァージャー、『ハリー・ポッター』シリーズのシリウス・ブラック等が挙げられる。
ロバート・デ・ニーロと同様に役作りには徹底した姿勢を貫き、オズワルドやベートーベンなどを演じるにあたり十分に役を研究して演技を行う。[要出典]数々の作品で狂気を含んだ悪役を演じることが多いが、本人は役柄とは対照的に謙虚で子煩悩な性格で、オールドマン本人は「自分に悪役をオファーする連中は、想像力のかけらも無いのだろう」と述べている。[要出典]悪役のイメージが付きまとっている事に悩んだ時期があり、自分の子供に出演作を見せられないことを気に病んだ。[要出典]出演した『ロスト・イン・スペース』は、子供から「パパの気持ちは嬉しいけれど、あんな駄作に出ちゃダメだよ」と諭されたというエピソードがある[7]。『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』出演以降から主人公を支えるサブキャラクターを演じることが多くなった。
引用元:ゲイリー・オールドマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3